週刊通販生活トップページ  >  マキタのターボ

ようこそ、ゲストさん (現在のネット注文ポイント 0点)

「通販生活」公式通販サイト

第1位 入選歴18年 マキタのターボ (マキタ30/15改名)

なるほど、これは業務用電動工具のモーターに掃除機をくっつけたって発想だね。どうりでよく吸うはずだ。

立川志の輔さん(落語家)

片手で軽々と持てる1.3キロの軽量設計。ターボの吸塵力は業務用レベル。

通販生活でしか買えないすぐれ物 マキタのターボ

最近、本機のそっくりさんをよく見かけるようになりましたが、まだまだ本機の吸塵力には追いつけていません。そんな「通販生活」の説明をなかなか信じてくれない人がいました。誰あろう、あの立川志の輔師匠です。

2年連続売上げ第1位――ついにマキタの時代がやってきました。

そこで、なぜか本機を申込んでくださらない立川志の輔師匠(通販生活歴14年)に効果見える化テストの立ち会い人をお願いしたら、ご多忙の中、快諾してくれたではありませんか。

これまで見向きもしてくれなかったのに、1位になったと知ってテストを引き受けてくださる気になった?

「見向きもしないどころか、私は20年ほど前、コードレス掃除機が発売されてすぐ飛びついたくらいコードレスを待ちわびていた人間なんです。でも、買うたんびにがっかりしてきたから、コードレスと聞くだけで拒否反応が出てしまっていました。

ところが、毎年“志の輔らくご”をやっている赤坂のACTシアターで終演後にふと舞台を見たら、スタッフが業務用のコードレス掃除機で掃除してるじゃないですか。思わず聞いてみたんです、ちゃんと吸えるの?って。そうしたら『ええ、吸塵力が強いですし、音響テーブルの下なんかの狭い場所のゴミの上にもスッと届く。うちの劇場は、舞台も客席も、ロビーの掃除も全部マキタです』って。だからマキタを試してみたい気がないわけではなかったんですけど、でもねえ……」

でも、何ですか。

「いまはマキタ以外のコードレス掃除機だって、同じくらいの性能を持ってるんじゃないのかなあって」

持っていません。

「すごい自信ですね」

ちゃんと、ライバル品比較やってますから。よろしかったらマキタの東京営業所のテスト室へ行ってたしかめられますけど。

「では、お邪魔しますか。私、昔から商品テスト大好きだから」

というやりとりがあったのです。

本機 VS A社機、B社機

では、「筒状テスト装置」を使って、志の輔師匠、納得できるまで実験してください。

結果は、右上の通りです。

「思った以上に差がつくもんですね。ことにターボの勢いがすごい。スイッチを入れたとたん、ビー玉がグーッと持ち上がってくる」

本機の〈強〉 VS 本機の〈ターボ〉

それでは次に、苦手ゴミテストに立ち会ってください。

「苦手ゴミ?」

コードレス掃除機では吸い込みにくいという消費者のクレームゴミ、第1位は猫砂、第2位はクリップなんです。本機のターボならちゃんと吸い込みますから試してみてください。

「ほう!〈ターボ〉だと一瞬で吸い込みますね」〈強〉が10秒間で188.5グラムを吸ったのに対して、〈ターボ〉は猫砂とクリップを257.5グラムも吸いました。

「でもねえ……」

でも何ですか? まだあるんですか。

「だったら、スイッチをターボだけにしたらいいんじゃないのかなって。いちいち切り替える必要あるんですか?」

本機は1回使うたびに充電するバッテリー内蔵方式なので、〈ターボ〉を10分使うとバッテリーが力尽きてしまうんです。

だから重いゴミは〈ターボ〉、軽いゴミは〈標準〉というふうにゴミの重量に合せてスイッチを切り替えて使います。

マキタの業務用も家庭用もモーターは同じですが、バッテリーは違います。

長時間使う業務用はカートリッジ方式のバッテリーです。カートリッジを交換していけばいいので、いくらでも〈ターボ〉が使えますが、重量がバッテリー内蔵方式よりも重くなってしまうので(1.6~1.85キロ)、家庭で使い回すには重すぎます。家庭用は軽さがとても大切ですから。

「なるほど、なるほど」



(2014年11月25日実施)

見える化その1 おおターボはあっという間に吸い上げるね。ビー玉35個を樹脂ケースに入れ、筒状テスト装置の下に置いて吸い上げた。A社機、B社機は本機と同レベルの「重量2キロ以下」「10.8V以上」の家庭用コードレス。

ビー玉200グラム、どこまで吸い上げられるか3秒テスト。

A社機〈強〉10.8V B社機〈強〉14.4V 本機〈強〉10.8V 本機〈ターボ〉10.8V

見える化その2 おお大きな砂粒もぐんぐん吸い込んでいく。

クリップを混ぜた猫砂、どこまで吸い取れるかテスト。

強 猫砂188.5g(クリップ7本)ターボ 猫砂257.5g(クリップ22本)

〈標準〉なら30分連続、〈ターボ〉なら10分連続で使える。電動工具のパワー技術が生んだ強力モーター、バッテリー。

この『マキタのターボ』は通販生活でしか入手できない特注品。

他のメーカーさんがマキタのターボ機能になかなか追いつけない理由、それはマキタ(創業大正4年)がそもそもは電動ドリルや電動ノコギリのメーカーだからです。つまり、「掃除機のモーターやバッテリーに電動工具の永年の技術が蓄積されている」からです。

マキタのコードレス機はそもそもが建築現場の後片づけ用につくられたもの。その吸塵力が評判を呼んで、マキタの業務用はいまでは新幹線の車両掃除やテーマパークの清掃など業務用の世界で圧倒的なシェアを誇っています。

ちなみに、街のホームセンターやネット通販でよく見かけるマキタの家庭用は〈標準〉20分で〈ターボ〉機能はついていません。

本機は1回充電で〈標準〉30分、〈強〉だけなら15分、〈ターボ〉だけなら10分。〈ターボ〉の吸塵力は〈強〉の40%アップ。

さらに重量は高齢者でも片手でラクに持てる1.3キロ。

1回当りの充電は3時間。

わずか1.3キロなのでこんな場所もラクラク。 エアコンのフィルター ソファの下 階段 窓のサッシ 本機 1.3kg A社 1.4kg B社 1.7kg C社 2.5kg A~C社は充電式(10.8V以上で2万円以下)の最新機種の中で軽い順にトップ3を選んだ(14年11月30日編集部調べ)。

ターボモードに切り替えできる。 ボタンを押すと吸塵力の強さが「強」「標準」に切り替わる。ボタンを押し続けると「ターボ」に。10.8ボルトバッテリー(リチウム充電池) 業務用直流モーター

10円玉程度は楽に吸い込む クリックで動画(13秒)が再生できます。
撮影条件:強モード、満充電

「ターボ機能つき」のマキタのコードレス掃除機は小社でしか入手できません。

お使いシミュレーション写真

ご購入にあたって気になるポイント・疑問はありませんか?
「マキタのターボ」検討の際に、
よくお受けする問合せをこちらにまとめました。
商品別・よくある質問へ
取扱説明書を見る
「紙製集塵袋」10枚とくり返し使える「不織布の集塵袋」が1枚付属します。
紙製集塵袋の追加注文はこちら。
掃除場所に応じた別売りノズル・アタッチメントはこちら。
 
マキタのターボ

マキタのターボ

価格
(税込円)

業務用強力タイプもあります。

高性能クリーナー

価格
(税込円)

 
商品のお申込み
マキタ30/15
サイズ:
全長98.3cm(パイプ・ノズル含む)
ノズル幅:約23cm
重さ:
1.3kg(パイプ・ノズル含む)
材質:
ABS樹脂
充電時間:
約3時間
連続使用時間:
約15分(強)・約30分(標準)・約10分(ターボ)
吸込仕事率:
14W(強)・20W(ターボ)
運転音:
65dB(強)
すき間ノズル・集塵袋(紙袋10枚・不織布1枚つき)、
充電アダプター(コンセント差し込み式)つき
充電池寿命目安500回
中国製、5年間無料保証は充電池を除きます。
  • 3時間充電で電気代0.73円
  • 5年間無料保証
  • 修理部品10年間保有
業務用強力タイプもあります。
屋外用 建築現場の片付け用はさらに強力タイプ。
【本体】
サイズ:
全長97.5cm、ノズル幅約22cm
重さ:
1.6kg(ノズル・充電池含む)
コード長さ:
210cm
材質:
ABS樹脂
充電時間:
約1時間
連続使用時間:
約20分
吸込仕事率:
25W
運転音:
69dB
すき間ノズル・専用フィルター1個つき
中国製、5年間無料保証は充電池を除きます。
  • 5年間無料保証
  • 修理部品10年間保有
別売品のスタンドもあります
マキタ30/15
色:
アイボリー、オレンジ
サイズ:
幅26×奥行23×高さ38cm
重さ:
約1.2kg
材質:
スチール
日本製
  • 日本製
マキタのターボの消耗品

全機種の消耗品・別売アタッチメントの一覧はこちら

マキタのターボの別売アタッチメント
  • じゅうたんノズル吸込口にゴミをかき取るブラシがついています。
    ※マキタクリーナー全機種に使えます。
  • 棚ブラシ本棚や食器棚の掃除に重宝するブラシです。
    ※マキタクリーナー全機種に使えます。
  • ラウンドブラシエアコンのフィルターやパソコンのキーボードなど、入り組んだ場所の掃除に便利です。
    ※マキタクリーナー全機種に使えます。
  • フレキシブルホース棚の奥や自動車の車内を掃除するときに便利なジャバラ式の延長ホース(長さ43センチ)です。
    ※マキタクリーナー全機種に使えます。

全機種の消耗品・別売アタッチメントの一覧はこちら

週間通販生活のおすすめ品

電話でのお問合せ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます(平日9時~19時、土曜9時~18時、日・祝日・年末年始休み)
Copyright ©2000-2015 CATALOGHOUSE LTD. All rights reserved.