• フェイスラインに沿って転がすと、ギュッと引き締められるのがよくわかる。
  • 首やあご下のラインのたるみにも。

エステティシャンの「つまみ流し」技法をかんたんに再現できてしまう美容ローラー。

顔のたるみやむくみが気になったら、440面ダイヤカットの本器でコロコロ。

安価な類似品がたくさん出回る美容ローラーの世界で、値下げを一切しなくても売れ続けているのが本器です。

その理由は、肌のつまみ上げられ感、つまみ流され感が明らかに別格だからです。違いを生んでいるのは、肌を挟む2個の回転ローラー。それぞれが440面にダイヤカットされているので、どんな輪郭の顔、あご、鎖骨の複雑な凸凹にもピタッとフィットして肌をしっかり挟み込んでくれます。

このダイヤカットをはじめ、ローラーの角度や回転構造など、本器にはじつに13もの特許技術が組み込まれています。

ローラー初心者は、まずデコルテ(鎖骨)まわりを軽くコロコロしてから顔へ。目元、あご、頬と続けると、埋もれていた顔のコリ感がすっきりするのがわかるはずです。商品到着後14日間なら使用後でも返品可能なので、まずは使ってみて、効果を感じられなかったらどうぞ返品してください(返送料はご負担ください)。

入浴中にも使える防水仕様。メーカーは、1996年設立の美容・健康器具の大手MTG。

  • 口角から頬骨の下を通って耳の横までローリング。
  • 口角から鼻の横までを上下にやさしくローリング。
  • 下あごのラインを意識して挟むように左右にローリング。
  • 片側のローラーを使って目の下をやさしくローリング。
  • 鎖骨から胸の間を上下にローリング。

「ローラーが肌に吸いついてたるみを引き上げる気持ちよさにゾクゾク(笑)。
指ではこのすっきり感はムリ」

山田美保子さん(放送作家)

週刊朝日で連載している『楽屋の流行りモノ』では美容道具も取り上げますが、じつはズボラで長続きしないタイプ。美容家の友人に「50代からはお手入した人としない人の見た目年齢差がどんどん広がるのよ」と脅されるけど(笑)、自分ケアに使える時間には限界がある。

その私が16年にこのコロコロに手を出したのは、出演した番組を見て自分のたるんだあごに愕然としたから。下からのアングルだったのですが、ふだん鏡で正面から見る顔とは別人。考えてみれば、人様からはいろんな角度で見られているんですよね。

移動の新幹線や番組をチェックしながら丸1年コロコロした結論は、「劇的な小顔にはならないけど、むくみがちな輪郭がすっきりする」。私の場合、まず頬骨のラインから目じりに向けて転がすのですが、余分なたるみが肌に吸いつきながら引き上げられる感じがゾクゾクするほど気持ちいい。あご、首すじと続けると、顔のコリがほぐれて顔色がよくなる感じがします。指でこの絶妙な揉みはできませんよ。

お酒を飲んだむくんだ翌朝は痛いような気持ちよさがあって、2分ほどコロコロするとかなりすっきりします。

やまだみほこ/『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)など大人気長寿番組を担当。コメンテーターとしても活躍。

本品を見た人はこちらの商品も見ています
あなたが最近チェックした商品