奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」0
奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」1
奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」2
奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」3
奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」4
奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」5
奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」0

2種の香りをそれぞれ4包ずつ使って満足できない場合は、残りをご返品ください。

奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」1
奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」2

柚子の香り10包+生姜の香り10包

奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」3

奥田家に代々伝わる「下呂膏」と同じく、オウバク(黄柏)と胡麻油が配合されている。オウバクを乾燥させて粉末化。【天然植物成分】・黄柏(オウバ・胡麻油・桃の葉・陳皮(ミカンの皮)・橙皮(ダイダイの皮)・トウキ・センキュウ【薬用成分】・甘草成分・芒硝 (硫酸ナトリウム)・重曹

奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」4

奥田接骨院には、”打撃の神様” 故・川上哲治も訪れ、坐骨神経痛の治療をしたという。

奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」5

奥田家の秘薬・下呂膏の主成分オウバクが入って、じんわりとあたたまる。

下呂といえば? 「温泉」とほとんどの人は答えるはず。「奥田又右衛門」と答える人がいたら、かなりの物知りです。代々、岐阜県・下呂の地で傷んだ人々を治療している伝説的な接骨師。現在の又右衛門さんは七代目になります。その七代目がつくった入浴剤が『下呂膏の湯』。なんだか体によさそう。でも、下呂膏ってなんだろう?

「みなさん痛んだりこったり大変やろ。この入浴剤で温まって、身体を大事にしてくださらんか」
奥田又右衛門さん
(おくだ・またえもん●岐阜県下呂市生まれ。「又右衛門」の名を襲名する奥田家の七代目。四代目から奥田接骨院を営んでいる)

「下呂膏とは、わが家に伝わる膏薬を貼り薬にしたものです。五代目の祖父は当代屈指の名接骨師と言われていました。訪ねてくる患者さんがあまりに多いので、昭和9年、家伝の膏薬を美濃和紙に塗って販売しました」
 下呂には、昔からキハダという広葉樹が自生していました。下呂膏の主成分オウバク(黄柏)は、キハダの樹皮を乾燥させたもの。古くから打ち身やねんざなどに使われてきました。
「9年前、下呂膏の主成分オウバクを入れた入浴剤『下呂膏の湯』をつくりました。慢性的な肩こりや腰痛などであれば、体を温めて血流を良くすることが大切です。それなら、お風呂の温浴効果をなるべく高める入浴剤を、と考えました。『下呂膏の湯』に入っていれば、わざわざここまで来る必要もなくなります。なんて言い過ぎやね(笑)」
 本品にはオウバクをはじめ、桃葉など7種の浸透湿潤成分が入っているので、肌がしっとりうるおいます。また、甘草成分、芒硝、重曹という3種の天然由来の薬用成分を配合して温浴効果を高めているので、体の芯からぽかぽかと温まります。
 石油由来成分は一切使っていない、湯あたりがまろやかな薬用入浴剤です。柚子の香り(10包)と生姜の香り(10包)の20 包セット。天然由来の精油なので、ほんのりと心地よく香ります。
奥田又右衛門膏本舗    
奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」
【仕様】
【効能・効果】神経痛、腰痛、リウマチ、うちみ、くじき、肩のこり、疲労回復、ひび、あかぎれ、あせも、荒れ性、しっしん、にきび、痔、しもやけ、冷え症、産前産後の冷え症医薬部外品、内容量:1包(25g入り)、柚子10包、生姜10包、成分:乾燥硫酸ナトリウム〔粗芒硝/日本〕、炭酸水素ナトリウム〔海水、岩塩、鉱石/日本〕、グリチルリチン酸2K〔甘草/中国〕、【その他の成分】オウバク末〔黄柏/日本、中国〕、モモ葉エキス〔桃/中国〕、トウキエキスー1〔当帰/日本〕、センキュウエキス〔川芎/日本〕、トウヒエキス〔橙/ハイチ〕、チンピエキス〔温州蜜柑/日本、中国〕、ゴマ油〔胡麻/アフリカ、東南アジア〕、リボフラビン〔糖類/ドイツ〕、硫酸マグネシウム〔鉱石/中国・日本〕、乾燥硫酸ナトリウム〔鉱物/日本〕、無水ケイ酸〔珪砂/オーストラリア〕、香料〔生姜/中国、日本〕、〔柚子/日本〕、直射日光、高温多湿(浴室)は避けて保存、日本製※2種の香りをそれぞれ4包ずつ使って満足できない場合は、残りをご返品ください。※天然由来の色素(ビタミンB2)が配合されているので洗濯には使わないでください。※大理石、人工大理石、24時間風呂には使えません。
こちらもおすすめ
あなたが最近チェックした商品
通販生活トップに戻る

奥田家薬用入浴剤「下呂膏(げろこう)の湯」

税込  4,320  送料 270円別