冷え性女性たちがこぞって支持する発熱わたの"しみ込む暖かさ"。わずか1.8kgの超暖か毛布。

  • モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド0
  • モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド1
  • モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド2

肌掛け

シングル 210×145cm、重さ約1.8kg(中綿0.6kg)
ダブル 210×180cm、重さ約2.1kg(中綿0.8kg)
素材 外面:ポリエステル80%、綿20%
起毛面:綿70%、アクリル30%
中綿:ポリエステル60%、合成繊維(モイスケア)40%
洗濯方法 洗濯機でネット洗い
製造国 日本

敷パッド

シングル 200×100cm、重さ約1.6kg(中綿0.7kg)
ダブル 200×140cm、重さ約2.3kg(中綿1kg)
素材 表地:綿70%、アクリル30%
裏地:ポリエステル80%、綿20%
中綿:ポリエステル60%
洗濯方法 洗濯機でネット洗い
製造国 日本

 購入者の3人に1人が複数注文をしている大人気肌掛けです(96年10月〜17年10月の注文数から換算)。人気の理由は、ずばり「軽いのに暖かい」。
 シングルで1.8kgという軽さなのに、本品を掛けると2〜3分で全身がじんわりした暖かさに包まれるのがわかるはず。中わたに使われているのは、発熱繊維の元祖「モイスケア」。睡眠中に体から出るわずかな汗(湿気)を吸って穏やかな熱に変えてくれるのです。本品は中わたの40%にモイスケアを使っています。
 最近はモイスケアを使った肌掛けも増えてきていますが、本品は側生地も違います。肌に触れる面には吸湿性にすぐれた東洋紡の「ハーフコット」を使用。肌ざわりがとてもやわらかい起毛仕上げの特注品です。東洋紡との取り決めで、このハーフコットを使ったモイスケアをつくれるのは布団の老舗、和田哲(明治40年創業)だけです。
 ハーフコットがすばやく湿気を送りこみ、それに反応したモイスケアが発熱したら、この熱を逃がさずため込んでくれるのが、中わたの60%を占める中空繊維の「シュレープ」です。ハーフコット、モイスケア、シュレープの合わせ技によって、朝までポカポカの暖かさがつづきます。
 よほどの寒冷地でないかぎり「本品+掛布団1枚」で十分暖かく眠れるはずですが、寒がりの人や関東以北の寒冷地の方には、「肌掛け」と同じ素材を使った「敷パッド」もおすすめです。
 容量5kg以上の洗濯機でネット洗いできます(肌掛けのダブルのみ容量7kg以上)。

モイスケアシリーズの洗濯方法

・肌掛けシングル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
・敷パッドシングル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
・肌掛けダブル…容量7kg以上の洗濯機でネット洗い。
・敷パッドダブル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。

「掛布団の4枚重ねから、羽毛布団との2枚に減らせました」

岸本葉子さん(エッセイスト)

 寒がりで汗をかきにくい私でも、これに潜り込んで数分でふわっとした暖かさを感じます。これ1枚で、以前使っていた「厚手のタオルケット、ウール毛布、薄い羽毛布団」の3枚分の保温を担ってくれているのですから、たいしたもの。体の上から漬物石をどかしてもらったような解放感です(笑)。

「暖かいのにムシッとしてこないのが不思議」

谷村志穂さん(作家)

 私がこの発熱わたの肌掛けを手放せなくなったのは、暖かさもさることながら肌のどこもムシムシしないところ。羽毛布団を薄手に替えたくらいポカポカなのに、アクリル毛布と違って体にまとわりつくような湿度を感じません。布団の中がサラッとしているんです。足が冷えて深夜につることもずいぶん減りました。

「重い毛布からくる肩こりとおさらばできました」

森下佳子さん(脚本家)

 上は90、下は50という低血圧の冷え性体質です。冬は羽毛布団の下に厚さ3cmのアクリルマイヤー毛布と綿毛布にくるまってミイラみたいに固まって寝ていたのが、いまは羽毛布団とこれ1枚でポカポカ。手足をのびのび動かして眠れます。毎夜の必需品だった靴下までいらなくなりました。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動