体温マイナス5℃の「さわやかな涼感」が朝まで何度でもよみがえる。

西川

クールPCM 冷感敷きパッド&枕カバー

●敷パッド

シングル205×100cm、重さ約1.35kg
セミダブル205×120cm、重さ約1.7kg
ダブル205×140cm、重さ約1.95kg
クイーン205×160cm、重さ約2.3kg
素材表地:綿100%
裏地:ポリエステル65%・綿35%
中綿・PCMシート:綿100%
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い
製造国日本

●枕カバー

標準48×60cm、重さ約200g
特大65×70cm、重さ約300g
※メディカル枕(特大)サイズです。
素材表地:綿100%
裏地:ポリエステル65%・綿35%
中綿上層:PCMシート
中綿下層:綿100%
洗濯方法洗濯機弱水流でネット洗い
製造国日本

環境チェック情報

ホルムアルデヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PP)、紙
体温マイナス5℃の「さわやかな涼感」が朝まで何度でもよみがえる。
 冷感素材の寝具といっても、競合品のほとんどは、一度体温で暖まったら朝までそれっきり。
 それに対して本品は、一度ぬるくなってもすぐにひんやりが戻ります。米・航空宇宙局が開発した「ひんやりするロウ状物質PCM」の粒が、表地の下にびっしり約10万個も敷き詰められているからです。
 PCMは横になったあなた体温を吸って、ロウのようにグニャグニャに溶けていきます。すると「涼しくなりたい」を求めているあなたの体は、写真のように寝返りをうってひんやりする未使用部分へ。おお、涼しい。
 その間に「暖まって溶けた部分」は約10分で固まって再びひんやり......これをくり返すことで、ひと晩中、涼しいのです。
 室温が30℃以上だとPCMが固まりにくくなるので、弱めのクーラーを併用してください。
 メーカーは寝具の老舗、西川。
「使いはじめて9年間、暑さで夜中に目覚めることはほとんどなかった」

椎名 誠さん(作家・77歳)

 40年間、不眠が続いている。夏は寝苦しいからふだん以上に寝つくまでに時間がかかっていたけど、この敷パッドを使いはじめて、わりとラクに眠れるようになった。
 夏の睡眠は、いかにクーラーを減らして涼しく寝られるかだ。暑がりで寒がりの僕に、この敷パッドはピッタリはまった。不思議なことに、まわりの空気は暑いのにこの敷パッドの一帯はひんやりしている。背中が暑くなってきて寝返りをうつと、とたんにヒヤッとした感触を肩や腕に感じる。なんとも心地いい。
 取材旅行がなくなって、ずっと家にいた去年の夏は、暑い午後、この上に寝転がってまどろみながら本を読むのが楽しみだった。ほどよいひんやり感が、大きな木の下で昼寝をしているような感覚なんだよ。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください