体熱でぬるくなっても10分後はひんやり。朝まで「体温マイナス5℃」の放熱力。背中がほてりません。

  • クールPCM0
  • クールPCM1
  • クールPCM2
  • クールPCM3
  • クールPCM4
  • クールPCM5
  • クールPCM6

●敷パッド

シングル205×100cm、重さ約1.35kg
セミダブル205×120cm、重さ約1.7kg
ダブル205×140cm、重さ約1.95kg
クイーン205×160cm、重さ約2.3kg
素材表地:綿100%/裏地:ポリエステル65%・綿35%/中綿上層:PCMシート/中綿下層:綿100%
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い
製造国日本

●枕カバー

標準48×60cm、重さ約200g
特大65×70cm、重さ約300g
※メディカル枕(特大)サイズです。
素材表地:綿/裏地:ポリエステル65%・綿35%/中綿上層:PCMシート/中綿下層:綿100%
洗濯方法洗濯機弱水流でネット洗い
製造国日本
肝心なのは表地のひんやり力よりも、ほてった背中の熱を吸って吐き出す力。

 中わたに背中の熱がムンムンこもる寝苦しさ、皆さん、昨夏に経験しましたよね。
 表地がひんやりする「接触冷感生地」の敷パッドなら3000円前後で手に入るのに、1万円以上の本品がなぜ10年も売れつづけているのでしょうか。
 答えは“涼しい”が朝までつづくからです。表地の下にびっしり敷き詰めた「PCM」――NASA(米航空宇宙局)が開発した「体温を吸っては30℃に冷えるロウ状の放熱物質」が本品の涼しさのもとです。
 ロウソクは熱で溶けても、すぐに冷えて固まりますよね。このすばやい放熱力を利用したのがPCMです。
 横たわった直後は体温よりも低い30℃ですから、あなたの体はひんやり感じます。眠っている間に体の熱を吸って温まると、PCMは溶けてぐにゃぐにゃに。「涼しくない」と感じたあなたが寝返りを打つと、そこは未使用部分だからひんやり。
 一方、寝返りを打った跡地の「温まったPCM」は、ロウ状物質の特性で10分前後で放熱して固まります。つまり、30℃のひんやり状態に戻ります。こうしてあなたの体は涼しさを求めて無意識に寝返りを打ちながらひと晩じゅう安眠できるのです。
 昨夏、接触冷感生地パッドから本品に替えた大阪府の出口和子さんは、「たしかに朝まで涼しかった。以前は5分もするとひんやりが消えて左右にゴロゴロして寝つけなかったけれど、これは気づくと朝です」
 ただし、室温30℃以上になるとPCMが冷えにくくなるので、弱めのクーラー(28〜29℃)の併用をお願いします。
 メーカーは寝具の大手、西川です。

ここが自慢

PCM(適温維持素材)…世界的な素材メーカーのスイス・シェラーテキスタイル社が、NASA(米航空宇宙局)の宇宙服の温度調整のために開発したロウ状の吸放熱素材です。
このPCMをカプセル化し、側生地のすぐ下の不織布に約10万粒も敷き詰めてあるので、「体温を吸っては30℃に冷える」をひと晩じゅうくり返してくれます。
吸水コットン…吸汗の役割を果たす脱脂綿は、高級化粧用コットンにも採用されている「ウォータージェット加工」を施した吸水コットンです。
高圧水流を当てて綿の毛羽を落とすことで、吸水性を高めてあります。

「汗がほとばしるほど暑がりな僕が寒がりの妻に合せてクーラー28℃で眠っても、朝まで背中が涼しい」

江上 剛さん(作家)

 50代で始めたマラソンのおかげか代謝が落ちなくて、いまだに異常レベルの暑がりです。仲間と一緒に走ると「江上さんの汗が飛んでくる」と嫌がられるほど汗をかきます。
 夜はベッドに横たわったそばから背中がカーッと熱くて寝つけない。ところが、クーラー設定権を持っているウチの奥さんは寒がりだから、寝る前は28℃がルール。奥さんが眠ったのを見計らって25℃に下げてやっと寝つくと、寒くて起きた奥さんに28℃に戻される。すると、寝苦しくて目が覚めた僕がまた25℃に……のくり返し。
 これはすごいよ。去年の猛暑で僕がクーラー28℃のまま寝つけたんだから。目が覚めた記憶も2、3回しかない。暑がりだからひんやりとは感じないけど、背中の熱がスッと取れるようで気持ちがいい。ゴメン、これ以上、うまく言えないんだよ。すぐ寝ちゃうから(笑)。
 ひとつ言えるのは、翌朝、頭がすっきりしていて、詰まっていた小説の展開が、朝動き出すことが何度もあった。熟睡できているんでしょう。

えがみ・ごう●都市銀行在職中の02年に作家デビュー。「Mr.サンデー」(フジテレビ系)をはじめ、コメンテーターとしても活躍中。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動