ふんわり真綿にくるまれてぬくぬく。この道60年の北川名人の手による稀少な国産手引き真綿布団。

  • 近江手引き真綿の肌掛け0画像を拡大
  • 近江手引き真綿の肌掛け1薄い真綿を40枚重ねる。指先の感覚を頼りに夫婦で息を合わせて引いていく。画像を拡大
  • 近江手引き真綿の肌掛け2北川茂次郎(きたがわしげじろう)/滋賀県近江町生まれ。北川キルト縫工の3代目。06年に近江真綿の伝承のために『近江真綿振興会』を設立。画像を拡大
  • 近江手引き真綿の肌掛け3シングルサイズのみ。画像を拡大
  • 近江手引き真綿の肌掛け0
  • 近江手引き真綿の肌掛け1
  • 近江手引き真綿の肌掛け2
  • 近江手引き真綿の肌掛け3

北川茂次郎

近江手引き真綿の肌掛け

サイズ210×150cm(シングルサイズのみ)
重さ約1.7kg(真綿約0.5kg)
素材綿(側生地)、絹(中綿)
洗濯方法中性洗剤を使用して、洗濯機で弱水流ネット洗い
製造国日本

 羽毛布団だと少し暑苦しくて汗をかく。かと思えば、夏掛けとタオルケットで寝ると夜中に寒くて目が覚めてしまう。今夜の掛け布団どうしよう……。
 春先のこの悩みを解決してくれるのが真綿40枚重ねの本品です。春から梅雨寒までの時期にちょうどいいぬくぬくの暖かさで朝までぐっすり眠れます。
 今どき、「国産の手引き真綿布団」は稀少です。江戸時代、真綿布団づくりが盛んだった近江地方で発展したのが、小さな真綿(シルク=蚕の繭玉)を職人が2人がかりで引き延ばす「手引き」の技術ですが、現在はその技法の担い手も少なくなってきています。
 本品の「手引き」をしているのは、米原市の北川キルト縫工。代表の北川茂次郎さん(87歳)はその道60年以上の大ベテラン。妻のみゑ子さん(81歳)と夫婦二人で手がけるようになってからも30年以上の練達です。名人技の仕事ぶりをテレビ番組で見た人も多いでしょう。
「手引きで大事なのは、真綿をまんべんなく引き伸ばすことなんよ。片方に綿が寄ったり、真ん中だけ薄くなったりしないように、2人の息を合せて引かなあかん。
この布団には、薄う引いた真綿を40枚重ねとるが、真綿は繊維がやわらかいから体に"ふっ"とのっかる。すき間ができんから、寝返りを打っても体をくるんでくれるんよ。それに蚕さんの糸はストローみたいな湿気の通り道があるから、梅雨時もムレん」(茂次郎さん)

 寒さが厳しい時期でも、羽毛布団の下に掛けると体に添って暖かさをとじこめてくれます。
 側生地は和晒しの2重ガーゼを使っています。薬品や化学物質を使わずに、お湯と水だけで4日間かけて晒した肌に優しい仕上がりです。市販の布団カバーに対応したループが付いていますが、カバーなしで使えば和晒しならではの柔らかな肌触りを味わえます。
 製品化は寝具の老舗、ロマンス小杉(1947年創業)。

【愛用者の声】

蒔田加代さん(松本市・70歳)

 真綿のしっとりしたやわらかさが肌に気持ちよくて、真夏以外ずっと使っています。陽だまりのような暖かさが朝まで続くので、春先の肌寒い夜もこれ1枚で熟睡できます。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください