夏の命を守るなら、遮熱ナノの日傘。遮熱率92.0%(アイボリー)の涼しい蔭で熱中症対策してください。

  • 日蔭だまり0
  • 日蔭だまり1
  • 日蔭だまり2
  • 日蔭だまり3
  • 日蔭だまり4
  • 日蔭だまり5
  • 日蔭だまり6
  • 日蔭だまり7
  • 日蔭だまり8
  • 日蔭だまり9
  • 日蔭だまり10
  • 日蔭だまり11

通販生活の遮熱ナノ日傘

日蔭だまり®

アイボリー、墨黒
遮熱率アイボリー:92.0%
墨黒:88.9%
UVカット率A波:99.9%、B波:99.9%
折り畳み傘全長57(収納時34)×直径85cm、握り手長さ5cm、重さ約270g
※収納袋つき。
長傘全長65×直径85cm、握り手長さ12.5cm、重さ約310g
素材傘地:ポリエステル
中棒:アルミ
傘骨:グラスファイバー
握り手:カエデ(中国・自然林)
製造国中国

お申込みが集中した場合、お届けまでお待たせすることがあります。

ナノフロント®は帝人フロンティア株式会社の登録商標です。

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
調査対象外×ポリ袋(PP)

近頃、夏が来るのが早くなったと思いませんか?昨夏は6月の熱中症の救急搬送者数が過去最高のなんと1万5969人に(消防庁発表)。夏じたくは、先手必勝の時代になってきました。

 涼しい日傘を探している人は、真っ先に「遮熱率」をチェックしてください。街やネットのお店の日傘は、太陽の光をカットする「遮光率」を熱カット力の目安にしていますが、じつはそれでは不十分。太陽の熱には、光では測れない赤外線もあるからです。
 本品の「遮熱率」はアイボリーが92.0%、墨黒が88.9%(一財・日本繊維製品品質技術センター調べ/詳細は下記)。「日傘生地が熱をどれだけカットするか」のテスト結果ですから、この遮熱率はあなたが日傘を差した涼しさそのもの。肩まで濃い蔭ですっぽり包み込まれて、日蔭を連れて歩いているような涼しさです。
 このみごとな遮熱力は4層構造の特注生地から生れています(画像4枚目)。いちばんの立役者は2層めの帝人フロンティアの「ナノフロント®」。髪の毛より細い直径700ナノメートルの極細繊維を織り上げた綿密生地が、太陽の熱をあまさずハネ返してくれます。
 生地が0.2ミリと薄くて熱をため込みにくいのも涼しい理由。当然ながら紫外線カット率も99.9%と優秀です。
 ノルウェーの伝統的なハーダンガー刺繍家、土屋正子さんにお願いして、国際伝統芸術家協会ノルウェー大使館賞の受賞作品のモチーフを使わせていただくことができました。レースのような繊細な模様が夏の装いを引き立てます。

※文中のUVカット率は(一財)日本繊維製品品質技術センターで測定。波長域は「A波320〜400nm」「B波280〜320nm」。

遮熱性テスト

人工太陽照明灯で日傘頂上部を30分照射しながら、本品傘下22cmに設置したステンレス板の温度を2分ごとに測定し遮熱効果率を算出(2022年12月19日)。(一財)日本繊維製品品質技術センター調べ。

「あ、安心と思った日傘は初めて。胸の下まで濃い蔭に包まれて、街路樹の下みたいに涼しくなる」

結城アンナさん(愛用歴1年・モデル)

 去年の夏、編集部の方から「うちの日傘は蔭が濃いですよ」と言われたときは大げさじゃない? と思ったけど、試したら本当に濃い。涼しい。日傘は他にも持っていますが、去年はお出かけのたびにこれに手が伸びたから、体が涼を求めるのね。今回、新柄のモデル撮影にもよろこんで出演させてもらいました。
 もともと体質的に太陽とは相性がよくなくて、日差しに長く当ると湿疹ができて具合がわるくなります。 10代の頃は「ひと晩寝れば平気!」と体力で押し切れたけれど、40代を過ぎると回復にも時間がかかる。体ってずっと丈夫じゃないのよね。
 だからこの涼しさは心強い。家から駅までは日蔭がない車道の脇道を20分ほど歩きます。日差しが照りつけてお昼前はクラクラするほどですが、この傘の下は2〜3℃は涼しく感じる。差すと顔の周りが暗くなるじゃない? 太陽から守られている実感があってホッとします。


 この日傘すごい、と実感したのは名古屋で40℃を超えた4年前の8月。街路樹が少ない病院までの道を20分歩いても、頭頂部がジリジリしてこない。髪を触ったら熱くなかったので、この日蔭効果は本物だぞって。
 持病があって定期的に診察を受けるため、コロナ禍の真夏も外出せざるを得なかったのですが、暑い上にマスクでしょう。倒れずに通院できたのはこのおかげだと思っています。

細山牧子さん(愛用歴6年・名古屋市)


 最初にこの日傘を使ったのは趣味の弓道の東日本大会を観戦しに出かけた日。観客席には屋根がなくて気温は30℃を超す暑さ。帽子の方たちは『暑くてムリ!』と10分もしないで帰っていかれましたが、私は正午から夕方の決勝まで4時間、頭のほてりを感じずに見ていられました。
 木立に入ったようにスッと蔭ができるのは8年経ったいまも同じ。日光アレルギーも出なくて助かります。

加藤祐子さん(愛用歴8年・さいたま市)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください