待つこと40分…フタをあけると蒸気が噴き出してきてジューシー。凄くおいしい。

  • 焼き芋メーカー0
  • 焼き芋メーカー1

ドウシシャ

焼き芋メーカー

サイズ幅35×奥行25×高さ15cm
コード長さ約1.4m
重さ約3.7kg
材質アルミ、フェノール樹脂
消費電力1000W
温度調節範囲約100〜200℃
オフタイマー最大約60分
付属品焼き芋プレート・平面プレート・レシピつき
製造国中国

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
アルミ、フェノール樹脂アルミ(フッ素樹脂加工)塩素化PE塩素化PE段ボール、ポリ袋(PE)

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
1000W1回40分、週3回使用すると1年間で105時間40.95kgCO₂2835円

 「焼き芋が卓上で焼ける」だけではアイディア道具とよばない。「いしやきいも〜」の声がスピーカーから流れてくる屋台の味にどこまで迫っているかで、アイディア道具か否かは決まる。
 小社品質検査室長の丸野泰則は「合格」と判定した。「小ぶりの金時芋と中サイズの紅あずまでテスト。説明書に従って小サイズは中温、中サイズは中高温で40分間加熱した。味は石焼きよりも蒸ふかしに近い感じ。熱は中心までしっかり通っており、まるでスイートポテトのようにジューシーで甘味がしっかり感じられた。
 水を一切加えていないのにフタを開けたときに蒸気が勢いよく噴出したのは芋が持つ水分を使って無水調理状態で蒸し焼きしているあかし。焦げ目はつかないが、素材の旨みがしっかり引き出されていて期待以上の出来だった」
 品質検査室員のベテラン、林絵里も同じく「合格」。「でも、焼き上がってフタを開けるとき、閉じこめられた蒸気が噴き出してきて熱かった。高齢者がびっくりしてよろけたりすると危ないので、焼き上がり後のフタの開け方やミトン使用説明が必要」
 では、取扱説明書に必要情報をプラスすることにして販売決定だ。メーカーのドウシシャ(1974年創業)はアイディア道具業界を牽引する横綱的な存在。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください