車輪が振動を吸収してくれるから、驚くほど軽い力でスルスル引けて、走行音も小さい。

  • エンドー車輪のソフトキャリー0
  • エンドー車輪のソフトキャリー1
  • エンドー車輪のソフトキャリー2
  • エンドー車輪のソフトキャリー3
ブラック、ブラウン
サイズ幅35×奥行24×高さ54cm、ハンドル長さ85〜101cmの3段階調節
容量約28L(1〜3泊用)
※国内線(100席以上)機内持ち込み可。
重さ2.7kg
材質ナイロン、ABS、アルミニウム
付属品ストラップ
製造国中国

 創業193年の老舗鞄メーカーがつくった、革新的車輪を搭載したキャリーバッグです。
 タイル敷きの歩道や旅先の石畳でハンドルを取られたり、早朝や夜中にキャリーの音がやけに響いて気まずい思いをしたことありませんか? そんな方は、この「エンドー車輪」採用のキャリーを使ったら手放せなくなるはずです。
 どうして、エンドー車輪はラクに引けて、走行音が静かなのでしょうか。
 一般的なキャリーの車輪は、段差やデコボコ道にさしかかると、車輪への振動がそのままキャリー本体に伝わってしまいます。一方、エンドー車輪は、タイヤとホイールの間に「すき間」がつくられています。この「すき間」が受けた衝撃を逃がしてくれるので、振動が抑えられ走行音が小さくなるのです。
 エンドー車輪の原型は、病院内で医療機器を運ぶ台車用に開発された「R2車輪」。10年度発明大賞の奨励賞に輝いたすぐれものですから、その性能は折り紙つきです。
 これを旅行キャリーとして製品化したのは、日本最大の鞄生産地として名高い兵庫県豊岡市にあるエンドー鞄です。江戸時代(文政7年・1824年創業)から柳行李商を営んできた老舗です。
 100席以上の国内線への機内持ち込みが可能です。

「間違いなく歴代1位の引きやすさ。神楽坂の石畳もスイスイ歩けます」

津田令子さん(旅行ジャーナリスト)

 キャリーバッグは仕事の必需品なのでかなり高価なものも使ってきましたが、これ、間違いなく歴代1位の引きやすさです。
 私は街歩き講座の講師を務めているので、20人近い受講者のテキストや行程表を詰めて歩くことがよくあります。先日もこれを引いて旧軽井沢を引率しましたが、ここまで軽く引けて静かなキャリー、ちょっとほかにないと思う。風情ある板張りのカフェに入ったときにも音がゴロゴロ響かなくて、落ち着いた雰囲気を堪能してもらうことができました。
 振動の少なさも見事です。石畳で有名なこの兵庫横丁(東京・神楽坂)も街歩きの定番コースですが、腕がガタゴトとブレないから疲れにくい。受講者にも「それ、石畳でもスルスル引けるんですね」って驚かれます。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動