バングラデシュ名産の黄麻で雇用をつくる涼しげな夏バッグ。

  • クロスボディ・ジュートバッグ0
  • クロスボディ・ジュートバッグ1
  • クロスボディ・ジュートバッグ2
サイズ(約)幅30×底マチ8.5×高さ20cm、
ストラップ長さ98〜118cm(5cmごとに調節)
重さ約400g
素材表地:麻、牛革、チーク材
裏地:綿、ポリエステル
ポケット外1、内2
製造国バングラデシュ
 「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を目指して2006年に設立されたのが、バングラデシュ発のバッグブランド、マザーハウスです。
 バングラデシュの特産品であるジュート生地を、首都ダッカの自社工場で現地の職人さんたちがバッグに縫い上げています。職人さんの技術向上とともに人気が高まり、3人でスタートした工房はいまや180人を顧用するまでになりました。
 マザーハウスの顔とも言えるのが、バングラデシュ特産のジュート(黄麻)バッグです。シャリ感のある涼しげな表情が夏にぴったり。
 幅30cm、マチ幅は8.5cmあるので、B5サイズのガイドブックもラクに出し入れできます。
 メイン収納部のファスナーは体の丸みに沿ってくれるカーブ状。ベルトとフチは牛革。
 ジュートの色は無染色のナチュラルカラー。
 素材の性質上、汗や雨で湿ると色落ちや色移りすることがあります。

【愛用者の声】
 麻のナチュラル感がTシャツにもジーンズにも、スカートにも合います。シックな雰囲気なのに革のバッグのように重くないところが旅にいいんです。台湾旅行ではお茶問屋を巡りましたが、軽いから朝から晩まで肩に下げていても疲れませんでした。掛けるとすっきり見えますが、長財布と化粧ポーチ、携帯電話、手帳を入れても余裕がありましたよ。
(伊藤由紀子さん・山形県上山市)

カート画面に移動

お気に入りリストに移動