職人がいせ込みで縫い上げたなでたくなるぷっくりシルエット。

  • お座り猫のレザーリュック0
  • お座り猫のレザーリュック1
  • お座り猫のレザーリュック2
  • お座り猫のレザーリュック3
  • お座り猫のレザーリュック4

松本ハミ

お座り猫のレザーリュック

トープ、ブラック
サイズ(約)幅23×高さ39×底マチ巾16cm
ベルト長さ59〜81cm(5段階調節)
重さ約640g
素材表地/牛革、裏地/ナイロン
ポケット外1
製造国日本

環境チェック情報

主要材料原皮原産国生産国保護条例梱包材
牛革日本-不織布(PP)、紙

 底マチは最大で16センチほどの薄型リュックですが、膝に抱えるとふくふくした猫をだっこしているよう。モデル猫は、神戸の革鞄工房ル・ボナ―(1992年創業)で飼っていた親子猫のアカネとヒラメです。
 「並んで座ってひなたぼっこする後ろ姿が愛らしくて、リュックに仕立てたのがはじまりです。しっぽをゆるゆる振っているのは、2匹がごきげんなときのサイン(笑)。
 革で猫のふっくらしたシルエットを再現するため、テーラーの袖つけ技術『いせ込み』を応用して縫っているのですが、決め手は革です。国産のきめが細かい原皮をシュリンク加工し、縫い代を限界まで梳いてからいせ込むことで、縫い代から革が盛り上がってふくよかな膨らみが生れるのです」(工房主宰・松本ハミさん)
 チャームポイントのぷっくりとした耳もいせ込み縫いだからこそ。上質なシュリンクレザーが入ったときにだけつくれる限定品ですが、注文が跡を絶たず、創業前の職人時代も含めて今年で36年のロングセラーとなっているそうです。
 容量は約8リットル。開口部は裏側(画像4枚目)でタテに大きく開くので、長財布や500ミリリットルの水筒もラクに入ります。
 定期や鍵を分けて入れられる外ポケットつき。ベルト長さは5センチ刻みで5段階調節できます。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください