ほっそり見えてヌクヌクの暖かさ。南極観測隊用と同じ羽毛を使ったたった310gのザンター製。

  • ホワイトダックジャケット0
  • ホワイトダックジャケット1
  • ホワイトダックジャケット2
  • ホワイトダックジャケット3
  • ホワイトダックジャケット4
  • ホワイトダックジャケット5
  • ホワイトダックジャケット6
墨黒、ゴールドベージュ
サイズM〜L、L〜LL
重さ約310g(M〜L)
素材表地:ナイロン100%
裏地:ポリエステル100%
中綿:ダウン90%、フェザー10%
ファー襟:アクリル、ポリエステル
洗濯方法ドライクリーニング
製造国日本
サイズバスト(適応バスト)着丈肩幅袖丈
M〜L110cm
(79〜94cm)
72cm41cm58.5cm
L〜LL116cm
(86〜101cm)
73cm42cm59cm
 南極観測隊用の越冬ジャケットを1956年から手がけてきた名門、ザンターがつくった「観測隊用と同じ特大羽毛」を使って仕立た特注品です。重さはたったの310g(M〜L)。「ブラウス1枚半」と同じくらいの驚異的な軽さです。
 羽毛はアメリカ五大湖周辺の厳寒地に生息する北京種のホワイトダック。日本羽毛製品協同組合の規格で「30gあたり、かさ高16・5cm以上」と認められた一級品です。かさの大きなダウンボールに体温をたっぷりとため込んでくれるから、軽くてホカホカ。よほどの寒冷地でなければ、真冬でもこれの下は薄手ニット1枚で十分なはずです。手首部分は二重になっていて、冷気が入るのを防いでくれます。
 「ダウンは太って見える」と敬遠している方もご安心を。タテ線を強調する曲線キルトステッチが体型をカバーするので、ほっそりと見せてくれます。
 光沢が美しい側生地は東洋紡の極薄軽量ナイロン「シルファインエール®」。撥水加工済みなので小雨程度なら弾いてくれます。
 襟元には取り外しができる華やかでかわいらしいブルーフォックス風のファイクファーつき。
 

【愛用者の声】

宮崎市枝さん(羽村市・61歳)

 人一倍寒がりでダウンは6〜7枚持っていますが、中でもこれはナンバーワンの軽さと暖かさ。12月の京都旅行では、底冷えする寒さだったのに、この内側はセーター1枚で十分。持って行ったカーディガンやストールの出番はありませんでした。

太西光世さん(大阪市・62歳)さん

 肩こりがひどいので、暖かさと軽さが両立したこのコートは私にとって救世主。美容院のフロントで預けた時には、店員さんに「軽いですねぇ」と驚かれました(笑)。ダウンなのにカジュアルすぎず、きちんとして見えるから、通勤にも重宝しています。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動