春から初夏にまとう…手紡ぎのような柔らかい風合いと逆スラブ(節)糸ならではの陰影。

  • 逆スラブシャツジャケット0
  • 逆スラブシャツジャケット1
  • 逆スラブシャツジャケット2
  • 逆スラブシャツジャケット3
  • 逆スラブシャツジャケット4

群言堂

逆スラブシャツジャケット

白・黒
サイズM・L
重さ約260g(M)
素材綿100%
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い。
製造国日本
サイズ身幅(適応身幅)着丈肩幅袖丈
M117(93〜104)cm76cm56cm57cm
L121(104〜115)cm78cm58cm58cm
ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋・ハンガー(PP)

 素材や仕立ての技が光る、春にぴったりの男の服を探してきました。石見銀山(島根県)に居を構える群言堂(1998年創業)の風格ある逆スラブ綿のシャツジャケットです。
 着ると布が体に寄り添うような心地よさ。生地の細かい凹凸が光を反射して上質感を高めています。群言堂の生地を長年手がける、職人歴43年の福田靖さん(63歳)ならではの技です。
「タテ糸に逆スラブ糸を使っています。逆スラブは太い糸のところどころが細くなっているので、ふっくらした手紡ぎのような風合いが生れます。しかも昔の手紡ぎと違ってとても軽いんです。糸が切れやすいので織機のスピードを通常より20%減速し、糸に上質なでんぷん糊をつけて摩擦を減らしています。工場内の温度や湿度の調整にも気が抜けません」
 すっきりしたスタンドカラー。前立てのボタンをきちんと留めても、Tシャツの上からジャケット風に羽織っても実にさまになります。
※お申込みが集中した場合、2ヵ月ほどお待たせする場合があります。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください