滞った血流といっしょに、脚のむくみもだるさもギュギュッと流してくれる強弱5段階編みの靴下。

  • ギロファ・スタンダード0
  • ギロファ・スタンダード1
  • ギロファ・スタンダード2

加圧靴下

ギロファ・スタンダード

使用目的または効果四肢の静脈血、リンパ液のうっ滞軽減・予防。静脈還流の促進。
医療機器製造販売届出番号14B3X10003000018
ブラック、グレー、ブラウン、ベージュ、ネイビーブルー、ホワイト
サイズS(22.0〜23.5)/M(24.0〜25.5)/L(26.0〜27.0cm)
重さ約60g(M1足)
素材綿、ナイロン、ポリウレタン
洗濯方法中性洗剤で手洗い
製造国ドイツ
サイズ適応サイズ
S22〜23.5cm
M24〜25.5cm
L26〜27cm
2000円前後の加圧靴下と本品の差は、30分も履けばわかるはず。締めつけ感は心地よいのに、履き口は食い込まない。独・オファー社109年の歴史がつくった絶妙な加圧バランスだ。

 ドイツでは、加圧靴下は購入時に保険がきくほど広く認知されています。オファー社はその静脈瘤やリンパ浮腫の患者向け医療用靴下メーカーで、1910年に創業した老舗中の老舗。看板商品の一つがこのギロファです。
 特長は血流促進のための「強弱5段階編み」。もともとは静脈瘤の患者さん用の編み方で、本品はその圧を弱めた脚のむくみやだるさ対策の一般用です。
 このギュッ、ギュッの圧力をつくっているのは、弾性ポリウレタン「エラスチン」の芯にナイロンを二重に巻きつけた伸縮糸。メーカーによるテストでは、160回洗濯後も圧力は衰えませんでした。
 競合品は化繊の厚手タイツ生地が主流ですが、本品は綿混。
※ギロファにはスタンダード以外にも、ウール混、メッシュ、パンスト、就寝用など様々なタイプがあります。「関連商品」のタブからお好みのものをお選びください。

「ヒールで駆け回っていたアナウンサー時代も、座り仕事の今も、靴下は28年間これです」

菊間千乃さん(弁護士)

 新人アナウンサーだった頃から愛用しています。当時はつねにヒールとストッキングで取材に駆け回るから、脚がパンパンにむくむんです。テレビに映らない所でギロファをはいて、なんとかしのぐ日々でした。うっかりギロファを忘れてドラッグストアでよそのを買ったことも一度や二度じゃありませんが、たいていつま先や履き口がギュッと締めつけられて苦しくなっちゃう。ギロファみたいに細やかに編み分けられた加圧靴下って、ホント、めずらしいです
 2010年に弁護士に転身してからも助けられています。判例の調査や書類作成で4〜5時間座りっ放しでも、途中でかかとを軽く上げ下げするとふくらはぎまで連動してギュギュッと揉み上げられる感触がある。これがなんとも気持ちよくって!

カート画面に移動

お気に入りリストに移動