窮屈なガードルが苦しくなってきた人におすすめの「柔らかい補整レギンス」。

通販生活

ゆるピチレギンス2枚組

ブラックのみ
サイズ2A、3A、2B、3B、4B、3C、4C
重さ約103g(3B)
素材ナイロン93%・ポリウレタン7%、クロッチ/綿57%・ナイロン40%・ポリウレタン3%
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い
製造国日本

【計測したサイズが複数の枠に当てはまるとき】
適応腹囲=大きい方/適応ひざ下=長い方を選ぶ
例)身長155cmで腹囲80cm、ひざ下44cmの場合⇒3B

サイズ適応腹囲適応ひざ下(適応身長)
2A73〜80cm42〜47cm(155〜161cm)
3A73〜80cm45〜50cm(161〜165cm)
2B78〜89cm41〜44cm(149〜155cm)
3B78〜89cm42〜47cm(155〜161cm)
4B78〜89cm45〜50cm(161〜165cm)
3C88〜98cm41〜44cm(149〜155cm)
4C88〜98cm42〜47cm(155〜161cm)

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PP)
加齢とともに下がりやすい4ヵ所を集中的に補整。

 たるんだ腰周りやお尻、ひざのお肉をまとめてすっきり整えたい…そんな中高年読者の声に応えて、補整レギンスのピカイチ、つくりました。薄手のチュニックも堂々と着こなせますよ。
 ワンピースやチュニックと合せられる補整レギンス、街のお店でも見かけますよね。でも締めつけが強いものが ほとんどで、50〜60代には窮屈でした。
 この圧迫感を減らすため、日本女子大学・被服学科の大塚美智子教授と通販生活が共同開発した50〜60代向け補整レギンスです。大塚先生は3000人以上に及ぶ日本人の体型を分析してきた中高年用衣料研究の第一人者。先生によれば、55歳を超えると筋肉が衰えて下垂が進むそう。
 「下半身でいえば、腰周り、お尻、太もも裏、ひざの4ヵ所が中高年の"下垂ポイント"です。脂肪がついて皮膚はたるみ、お肉が横や下に広がったメリハリのない体型になってしまいます」
 そこで本品は、この下垂ポイント4ヵ所を集中的に引き締める「ポイント補整設計」にしてあります。

  1. 腰周りは、糸の密度を高めたガードル編み。両脇と前からお肉を押さえる。
  2. お尻の下辺は、たるみ肉をすくい上げてくれるベルト編み。ヒップトップは超弱圧だから丸みをつぶさない。
  3. 太もも裏は、垂れ肉をヒップに向かって引き上げるサスペンダー編み。
  4. ひざは、たるみを解消してひざ下を長く見せるサポーター編み。ふくらはぎも中圧で引き締めてくれる。

 加齢とともにたるみやすい「腰周り」「お尻の下辺」「太もも裏」「膝」の4ヵ所を集中的に引き締める設計になっています。
 はいてみると、この4ヵ所をほどよい強さで締めてくれます。ギュウギュウの苦しい締めつけではないのに、お尻、太ももがすっきりして見えるはずです。
 この4ヵ所以外は弱圧で、ウエストも足首も締めつけ感はありません。太もものつけ根は食い込みにくいウェーブ編みです。
 東レのナイロン加工糸です。クロッチの肌側は綿パイル。編み立ては国内工場。
 腹囲と膝下長さに合せた7サイズ。

「お腹のぽっこりをほどよく抑えてくれる」

M・Jさん(兵庫県・63歳)

 これはまさにソフトな引き締め。お腹やお尻の下はほどよく引き締まるのにウエストや足首の締めつけはないから、12時間くらいはきっぱなしでもキツさを感じません。編み分けも目立たないので、ワンピースに合せても体型補整レギンスとは気づかれません。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください