ラーメン好きの方をうならせた「お店と同じスープとシコシコ麺」。

  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば0
  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば1
  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば2
  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば3
  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば4
  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば5

富良野市麓郷

富良野とみ川の石臼挽き中華そば6食

内容量麺140g・スープ370g(チャーシュー2枚入り)×6食組
原材料[麺]小麦粉、卵、食塩/かんすい、加工でん粉(打ち粉)
[スープ]鶏がら、豚骨、鶏脂、醤油、魚粉(さば節、かつお節)、煮干し、昆布、しいたけ、チャーシュー(豚肉、醤油、酒、みりん)、玉ねぎチップ(玉ねぎ、小麦粉、植物油)
賞味期限製造日より「冷凍」30日 冷凍便
使用添加物かんすい、加工澱粉(打ち粉)
アレルギー表示原料小麦、卵、大豆、豚肉、鶏肉、さば
製造国日本

栄養成分

栄養成分(1食あたり)
カロリーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
618kcal25.0g22.1g78.8g8.5g

 富良野市麓郷といえば、『北の国から』のロケ地としてファンの方にはおなじみでしょう。プロボクサーを引退後、和食店での修行を経て97年に麓郷にお店を構えた富川哲人さんのラーメンは、これまでの中華麺の常識をくつがえした「石臼挽きの自家製麺」。


ツルツルというよりは、シコシコ。そばに似ている少しちぢれた麺はスープがよく絡んで、噛むたびに小麦の旨みが口に広がっていく。
 めったに見当らない石臼挽き全粒粉を使った自家製麺である。店主の富川さんが師事した伝説的なそば打ち名人、高橋邦弘さんの助言を受けて、6年の試行錯誤を経て完成させた。
 富良野産のブランド小麦「春よ恋」を玄麦のまま日本そば用の石臼で挽いて、北海道の江別製粉が製粉した富良野産小麦2種をブレンドして自家製麺している。
 つなぎは富良野産さくら卵。麺の表面にわずかな凹凸をつくることで、絶妙なシコシコ感を生み出している。


スープ 北海道産鶏ガラと棹前昆布に国産煮干しを加えて一晩煮込み、北海道産丸鶏と鶏油を加えてコクを出している。豚ラードを一切使っていないので、飲み干しても後味がくどくない。


1人前は麺+スープ(自家製チャーシュー2枚入り)。6人前を冷凍でお届けする。

調理方法

  1. 冷凍パックのままスープを湯煎(熱湯15分)して丼にあけておく。
  2. 麺は冷凍のまま別の鍋で1分30秒ゆでて(硬め)、しっかり湯切りして丼のスープへ。

ねぎ、煮卵は付属しないのでご用意ください。

竹下景子さん(俳優)

「富良野で食べた大好きなラーメンです。麺もスープもお店そのまんまでびっくり。お昼に食べると元気がチャージされて、午後も頑張れる(笑)」

 竹下さんがラーメン好きとは知りませんでした。
「とみ川さんのラーメンは富良野のお店でいただいて以来、大好きなんです。スープの色はこってりしていそうなのに、あと味はすっきりしてやさしい味。麺も小麦の香ばしさが感じられる。私たち世代の女性はラーメンを敬遠する人もいますが、これは食べやすいからペロッといける(笑)。倉本聰先生が気に入っていらっしゃるのも納得できます」
 富良野に行ったら必ず食べに寄っていたそうだが、この2年はコロナ禍でご無沙汰に。事務所で見かけた益軒さん春号(編集部が献本していたのです)で「とみ川のラーメン」に再会して、すぐにお申込み。
「お店のスープと麺がそのまんま冷凍で届いてびっくりしました。食べてまたびっくり、すっきり感もコクもお店で食べたスープそのもの。塩分も油も気にならないわけじゃないけど、たまにならいいですよね。家にいるときはお昼に夫(写真家の関口照生さん)といただくことが多いかな。元気がチャージされて、午後も頑張れる気持ちになる」

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください