富良野産「春よ恋」の玄麦を石臼で挽いた全粒粉麺の旨みが、スープとよく絡む。

  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば6食0
  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば6食1
  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば6食2
  • 富良野とみ川の石臼挽き中華そば6食3

富良野市麓郷

富良野とみ川の石臼挽き中華そば6食

内容量麺140g・スープ370g(チャーシュー2枚入り)×6食組
原材料[麺]小麦粉、卵、食塩/かんすい、加工でん粉(打ち粉)
[スープ]鶏がら、豚骨、鶏脂、醤油、魚粉(さば節、かつお節)、煮干し、昆布、しいたけ、チャーシュー(豚肉、醤油、酒、みりん)、玉ねぎチップ(玉ねぎ、小麦粉、植物油)
賞味期限製造日より「冷凍」30日 冷凍便
使用添加物かんすい、加工澱粉(打ち粉)
アレルギー表示原料小麦、卵、大豆、豚肉、鶏肉、さば

栄養成分

栄養成分(1食あたり)
カロリーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
618kcal25.0g22.1g78.8g8.5g

 富良野市麓郷といえば、『北の国から』のロケ地としてファンの読者にはおなじみでしょう。プロボクサーを引退後、和食店での修行を経て97年に麓郷にお店を構えた富川哲人さん(表紙の職人さん)のラーメンは、これまでの中華麺の常識をくつがえした「石臼挽きの自家製麺」。


 ツルツルというよりは、シコシコ。そばに似ている少しちぢれた麺はスープがよく絡んで、噛むたびに小麦の旨みが口に広がっていく。
 めったに見当らない石臼挽き全粒粉を使った自家製麺である。店主の富川さんが師事した伝説的なそば打ち名人、高橋邦弘さんの助言を受けて、6年の試行錯誤を経て完成させた。
 富良野産のブランド小麦「春よ恋」を玄麦のまま日本そば用の石臼で挽いて、北海道の江別製粉が製粉した富良野産小麦2種をブレンドして自家製麺している。
 つなぎは富良野産さくら卵。麺の表面にわずかな凹凸をつくることで、絶妙なシコシコ感を生み出している。
スープ
 北海道産鶏ガラと棹前昆布に国産煮干しを加えて一晩煮込み、北海道産丸鶏と鶏油を加えてコクを出している。豚ラードを一切使っていないので、飲み干しても後味がくどくない。
調理方法
 スープ(チャーシュー2枚入り)は冷凍パックのまま、沸騰したお湯で15分湯煎して、丼に入れる。麺は別の鍋で約1分30秒〜2分30秒茹でて、よく湯切りしてスープへ。
 付属するチャーシューはお店でつくったもの。ネギや煮卵は冷凍できないので、上の調理例を参考に用意してください。
【お店について】
 『富良野とみ川』は1997年に開業。『北の国から』のロケ地から車で4〜5分。「ミシュランガイド北海道2012」「同 2017」でビブグルマン(価格以上の満足感が得られる料理の名店)に選出。

とみ川のラーメン

文・倉本聰(脚本家)

 とみ川のラーメンは働いたものへの天の馳走である。
 僕はかねがねグルメという言葉を、胃の腑でなく舌で評価する昨今の風潮に大いなる疑問を持っているものだが、富良野麓郷に誕生したとみ川のラーメンは、体力を使い果たした腹ペコの労働者の胃が味わう時真価を発揮する。吟味され尽した天然の素材、食道に沁みわたる出汁のやさしさ。これは腹を空かせた人間だけにわかる優れた天の御馳走である。

脚本家、劇作家。『北の国から』『前略おふくろ様』など、人気作品を多数手掛ける。1977年より富良野市在住。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください