高齢者は「すべって転ぶ」にご用心。後ろに倒れて後頭部を強打したり、大腿骨骨折で寝たきりになったり。

  • すべり止めカーペット「ホームタイル」0
  • すべり止めカーペット「ホームタイル」1
  • すべり止めカーペット「ホームタイル」2
  • すべり止めカーペット「ホームタイル」3
  • すべり止めカーペット「ホームタイル」4
  • すべり止めカーペット「ホームタイル」5
  • すべり止めカーペット「ホームタイル」6
  • すべり止めカーペット「ホームタイル」7
サイズ50×50cm、厚さ7mm
材質表面パイル:ナイロン/裏面:不織布
※滑り止め加工(アクリル系樹脂)
洗濯方法中性洗剤で手洗い
製造国日本
東京消防庁によると、平成26年に「家庭内での転倒事故」で救急搬送された65歳以上の高齢者は、なんと2万4363人。その内の約7割は「寝室または居間」での事故だった。1日に70人近くが家庭内で転倒し、救急搬送されていることになる。「寝たきり」にもつながる転倒事故。「転ばぬ先の杖」は用意できていますか?

 転倒事故には2種類ある。「つまずいて転ぶ」と「すべって転ぶ」。
 本品は「すべって転ぶ」をふせぐためのタイル型カーペットだ。
 床で「すべって転んだ場合」、後方へ倒れることが多く、後頭部や腰を強打し大きなケガにつながってしまう。寝たきりや認知症の進行にもつながる「大腿骨骨折」も、後ろへの転倒、「すべって尻もち」が原因となるケースが多いという。
 さらに、最近の住宅の床はすべりやすいフローリングが増えてきているから、踏ん張る力が衰えた高齢者にとっては転倒事故の温床となりかねない。
 そこで、本品が重宝する。
 1枚が50×50センチとコンパクトなので、「すべりやすい場所」、「ベッドの足元」、「台所」、「階段下」といったつねづねあなたがすべる危険性を感じている場所にだけ敷いておける。とくに「ベッドの足元」は最重要。夜中、寝ぼけたままトイレで起き上がると足に力が入らないから、すべりやすい。
 これだけコンパクトだと、体重をかけたときにカーペットそのものがズレてすべるのではないかと心配するかもしれないが、本品はズレにくさも合格だ。上の裏面写真のように、アクリル系樹脂を特殊に配合したすべり止めをストライプ状につけてあるので、フローリングにぴたっとフィットする。
 一方で、シール剤のように床にこびりつくことがないから、模様替えでベッドを移動させたときはカーペットをかんたんに取り外してまた設置できる。表面が汚れたときもその一枚だけを取り外して、中性洗剤で手洗いできる。
 表面はナイロン製のパイル地。毛足の長さは約3.5ミリと短めなので、フカフカして足を取られる心配はまずない。
 表面のストライプ柄と、裏面のすべり止めの線は同じ方向についている。2枚以上設置するときは上写真のように表面のストライプ柄をタテヨコ交互になるように並べると、裏面のすべり止めも交互になってよりすべりにくくなる。
 全体の厚みは約7ミリ。高齢者がつまずきやすいと言われる段差3センチより薄いが、気になる人はカーペットの周りに段差をなくす「見切り材・コーナー材」をつけて使ってください。
●『ホームタイルカーペット』は畳や、塩化ビニル床材の上では使えません。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動