1日90秒(30秒×3セット)のかんたん筋トレで転びにくい足腰に。このクッションを使えばラクに続けられます。

  • かかとジャンピング0つま先を着けたままかかとを上げて、真上にジャンプ。画像を拡大
  • かかとジャンピング1ウォーキングに比べて高い運動効果を発揮。50代6名、20代1名の計7名でトレッドミル(通常歩行)と本品(つま先をつけたままのジャンプ)使用時の筋活動量平均値比較(メーカー調べ)。画像を拡大
  • かかとジャンピング2その場ウォーキング。1回1分、1日3回が目安。画像を拡大
  • かかとジャンピング3踏み台昇降運動は左右5回を目標に。画像を拡大
  • かかとジャンピング4片足バランスは左右10秒ずつを目標に。画像を拡大
  • かかとジャンピング5座りV字で腹筋も鍛えられる。画像を拡大
  • かかとジャンピング6画像を拡大
  • かかとジャンピング0
  • かかとジャンピング1
  • かかとジャンピング2
  • かかとジャンピング3
  • かかとジャンピング4
  • かかとジャンピング5
  • かかとジャンピング6

ミズノ

かかとジャンピング

サイズ幅50×奥行50×高さ17cm
重さ約2.6kg
材質本体/ウレタンフォーム・EVA・ポリエチレン・チップウレタン
カバー/ポリエステル
洗濯方法カバー/手洗い
その他1人用(体重100kgまで)
製造国中国

※ケガを防ぐため使用時は2m四方にものを置かないでください。
※平らな安定して使える場所でお使いください。

「最近つまずきやすくなった」という人は、本品で下半身の筋肉を鍛えてください。1日たった90秒で、立つ、歩く、登るといった日常の動作に必要な筋肉を効率よく増やせます。
 使い方はかんたん。つま先を着けたまま、かかとを踏み込むようにぴょんぴょんと軽く跳ねるだけ。1セット30秒使ってみると、お尻(大殿筋・中殿筋)、太もも(大腿直筋)、ふくらはぎ(腓腹筋)に効いてくるのがわかるはずです。
 高い運動効果を生み出しているのは、日本を代表するスポーツメーカーミズノ(創業1906年)が開発した5層構造クッション。硬さの違う5種類の異なる素材を重ねることで、安全で効果が高い跳び高さになるよう反発性と安定性を調整しています(トランポリンのような反発力はありません)。バランスを意識することで体幹トレーニングにもなるので、姿勢の改善も期待できます。
 厚さ17cmのクッションがジャンプの衝撃をしっかり吸収してくれるので、膝や腰への負担は少なめ。下階への騒音もそれほど気にならないはずです。
 運動に慣れていない人は、まずは朝昼晩の3回、各30秒ずつ続けてみてください。慣れてきたら、クッションを使った踏み台昇降や片足バランスなどの運動を取り入れて、運動強度を上げると、さらに効果が高まります。トレーニング方法を図入りで解説した説明書付き。

トレーニング例

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください