週刊通販生活トップページ  >  メディカルグリップ

「通販生活」公式通販サイト 毎週火曜日10:00更新

【お知らせ】2017年7月3日(月)より当ウェブサイトをリニューアルいたします。ご期待ください!

血圧対策器のピカイチ メディカルグリップ 大橋知創研究所製

血圧高めの読者は、こんなふうに「青色ランプ」(30%握力)を保って、1日1回  (2分×4回)握る運動を。血管内皮細胞からNOが分泌され、全身の血管に回っていく。 2分間握りつづけると…筋肉が血管を圧縮して血流が少し遅くなる。 1分間手を離していると…
最大の握力(一〇〇%)でグリップを握ると赤いランプがつく。力をゆるめていくと30%ほどの握力で青い光に。

この「血圧を下げるグリップ運動」はアメリカ心臓学会(AHA)のガイドラインでも認定。

使い方はかんたんだ。30%の握力で本器を「2分握って1分休む」。これを左右2回ずつで計4回くり返すだけ。握り2分終了、休み1分。終了は音で教えてくれるから、タイマーとにらめっこする必要はない。まずは10日間試してみて、つづかなかったら、どうぞ返品してください。

本器の根拠になっている「30%握力で血圧を下げるグリップ運動」の理論を発表したのは心臓学の研究で世界的に知られるカナダ・マクマスター大学の高血圧予防研究チーム。

この理論を実践できるのが本器だ。シリコンゴムのグリップ内部に圧力測定センサーが内蔵されていて、人それぞれの握力の強さで「30%前後の気圧になっている段階」を青色ランプで表示してくれる(特許出願中)。つまり青色を維持できるよう握っていけばいいわけだ。

重要なのは「2分握って1分休む」の「各1分間の休み」。1分間、力を抜いて休むことで筋肉はゆるみ、血管内の血行も活発化して、血管の内側の細胞を刺激する。その刺激によって血管の内壁から「NO」(エヌ・オー)がどんどん分泌されていく。「NO」というのは血圧を安定させる一酸化窒素。このグリップ運動で両腕の血管から分泌された「NO」が全身の血管に回っていって、血圧を下げてくれるのだ。

日本体育大学運動生理学研究室の岡本孝信教授によると、「血管の内壁には薄い血管内皮細胞があり、そこから血管をひろげて血行を安定させるNO(一酸化窒素)が分泌されています。ところが加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどによってNOの分泌が少なくなると、血圧が上昇しやすくなってきます。

そこで、30%の握力でNOを活発に分泌させるのが、このグリップ運動。両手を交互に握ることで両腕の血管からNOが分泌して全身の血管に回っていき、血圧が下がっていくのです。

NOには血管を柔らかく保つ働き、そして、血管を詰まらせる恐れのあるプラークを分解する働きがありますから、血圧の薬を飲んでいる人にもおすすめできます。ただし、血圧の改善には個人差がありますから、すべての人が劇的に下がるとは考えないでください」

本器をつくったのは、基板やICチップなどの精密機器メーカーが集まる東京都大田区にある創業1916年の老舗(株)大橋製作所の研究機関、大橋知創研究所。

※本器は医療機器ではありません。

【おことわり】最高血圧180以上、最低血圧110以上のⅢ度高血圧の人、心臓病の人は使用前に医師に相談してください。

※本器は極端に握力が弱い人(握力15kg以下)は使用できません。

17cm
40代~70代通販生活読者モニター10人の3ヵ月後測定結果発表。日本体育大学健康学科運動生理学研究室にて計測。3ヵ月後計測は16年1月8日実施。単位:mmHg 44歳男性:初回154→1ヵ月後144→3ヵ月後148 46歳男性:初回168→1ヵ月後145→3ヵ月後140 48歳女性:初回137→1ヵ月後133→3ヵ月後123 54歳男性:初回167→1ヵ月後159→3ヵ月後151 57歳男性:初回180→1ヵ月後168→3ヵ月後152 60歳男性★:初回123→1ヵ月後121→3ヵ月後115 64歳女性:初回141→1ヵ月後136→3ヵ月後136 68歳男性★:初回146→1ヵ月後140→3ヵ月後141 69歳女性:初回160→1ヵ月後131→3ヵ月後131 76歳男性★:初回122→1ヵ月後114→3ヵ月後110

血圧値変化測定……40代~70代の10人(男性7人・女性3人)でテスト。生活習慣を変えずに本器を週5日、1日1セット、12週間使用(15年9月25日~16年1月8日)。4週めと12週めに日本体育大学健康学科運動生理学研究室で岡本孝信教授指導のもと血圧を測定。2回測った血圧の平均値を比較した。

日本体育大学健康学科運動生理学研究室にて計測。
3ヵ月後計測は16年1月8日実施。

岡本孝信 先生 日本体育大学健康学科運動生理学研究室教授

「スタート初日は173。ほぼ毎日、このグリップ運動をつづけた結果、1ヵ月後の血圧はごらんの通りになった」

から血圧は高めだった。父方の祖父が脳卒中になって64歳の若さで亡くなっているから、遺伝かな。

減塩を心がけているけど、つねに血圧は170前後。180を超えるときもある。妻が通販生活の春号にこれが出ているって教えてくれたのでお医者さんに相談したら、使っても大丈夫と言われたのですぐ申込んだ。

これはつづけられるよ。青色を目安にして握っていればいいわけだし、光と音で休憩のタイミングもとりやすいし。

握るのは夜10時すぎに愛犬の散歩から戻って体を休めたあと。青を変えないように意識を集中して握るところはちょっとゲーム感覚に似ているし、左右合計4回はけっこう負荷もあって血管が活気づく感覚があるから、つづけられるんだね。時間も11分くらいですむし。

3年前から毎日、血圧の記録をとるようにしているんだけど、これを使い始めた初日(16年1月25日)はごらんの通り、173。以後、少しずつ下がってきて、2週めには150台の日も出てきた。3週めの2月9日にはついに140台にダウン。約1ヵ月後の2月24日の数値を見てください、ジャスト140。さぼるとまた上がってしまうと思うので、毎日つづけて140台を維持していくつもり。

吉田照美さんフリーアナウンサー・使用歴8ヵ月

「朝ドラ」見ながら11分。 握力30%トレーニングの手順

30%の握力で本器を「2分握って1分休む」。
これを左右2回ずつくり返します。
<1日1回、1週間に5日トレーニングを行うと効果的です>

「朝ドラ」見ながら11分。 握力30%トレーニングの手順

「朝ドラ」見ながら11分。 握力30%トレーニングの手順

ごらんください

これがアメリカ心臓学会(AHA)で認定済みの「血圧を下げるグリップ運動」。

本品は小社でしか入手できません。

商品のお申込み
※マウスを乗せると拡大します。メディカルグリップ
サイズ:
幅6×奥行5.7×高さ17cm
重さ:
210g(電池含む)
材質:
ABS、シリコン
使用期間:
付属単4アルカリ電池2本で約90日分(1日11分使用)
日本製
※本品は医療機器ではありません。
『メディカルグリップ』は極端に握力が弱い人(握力15kg以下)は使用できません。
  • 5年間無料保証
  • 使用後返品OK
  • 日本製
  • 本品は小社でしか入手できません