“ラチェット式”で軽量633gの本品なら、直径4cmの太枝が小さな力でスパッと切れる。

  • ラチェット式枝切ばさみ0
  • ラチェット式枝切ばさみ1
  • ラチェット式枝切ばさみ2
太枝用ばさみ全長46cm、刃渡り6cm、重さ633g
小枝用ばさみ全長18cm、刃渡り5.5cm、重さ188g
材質刃/鋼(フッ素樹脂加工)
柄/グラスファイバー(太枝用)、アルミダイキャスト(小枝用)
製造国台湾
“ラチェット式”の枝切りばさみで直径4cmまでの太枝用では本品が最軽量。

 庭のハナミズキや金木犀などの太枝を切り落とすのに、ふうふういいながらノコギリを引いていた人は、ぜひこの枝切りばさみを使っていただきたいです。
 小さな力でじわじわと枝に刃を食いこませていく“ラチェット式”ギアを採用(下記動画)。

中高年女性でも太い枝をラクにスパッと切り落とせます。「太枝用」は重さ633g。直径4cmまでの枝を切れるラチェット式では最も軽いです(19年2月現在・編集部調べ)。これも剪定をラクにしてくれます。
 使い方はまず、刃の部分で枝をはさんでギュッと閉じる。すると、右側の刃が幹に浅く食いこんで固定されます。
 ここから小さい力で開閉をくり返すと、そのたび刃がギアの力でグイグイと幹に食いこんでいきます。直径4cmほどの太枝なら、6、7回も開閉すればきれいに切断できます。
 高知県の中田美砂子さんは「以前は柿や梅の太枝をノコギリを何往復もさせて切り落とし、終わるとへとへと。これはカチカチ開閉するだけで枝がぽとっと落ちるので、腕の力が落ちてきた私には本当に助かります」
 刃は刃渡り6cmの鋼製。フッ素樹脂加工をしてあるので、汚れやヤニがつきにくいです。柄は頑丈なグラスファイバー製。
 生木以外の乾燥した枯木の切断や、枝の切り分けはできません。
 刃物のまちとして有名な大阪・堺の老舗、マック(1965年創業)製。
 直径2cm以下の枝の剪定に便利な「小枝用ばさみ」とセットでお届けします。

庭の柿や梅の木の枝を払うのに、ノコギリは力がいりますし、手のひらがズキズキ痛くなっていましたが、これは本当にラクです。手を肩より上にあげて作業することも多いので、65歳の私にはこの軽さも助かります。

中田美砂子さん(高知県・使用歴9ヵ月)

カート画面に移動

お気に入りリストに移動