一流猫作家にオーダーメイド。お宅の猫、アートになる。

  • 島田紘一呂さんの木彫り猫0[作品例]S・Sさん宅の猫(座りポーズ・色なし)2016年 材質:楠 高さ45×幅16×奥行23cm画像を拡大
  • 島田紘一呂さんの木彫り猫1[作品例]アトリエに来るノラ猫(寝そべりポーズ・色つき) 2018年 材質:楠 高さ14×幅22×奥行32cm画像を拡大
  • 島田紘一呂さんの木彫り猫2島田紘一呂さん画像を拡大
  • 島田紘一呂さんの木彫り猫33日に1回は研ぐというノミで彫っていると「ふっと表情が見えてくる瞬間がある」(島田さん)。画像を拡大
  • 島田紘一呂さんの木彫り猫0
  • 島田紘一呂さんの木彫り猫1
  • 島田紘一呂さんの木彫り猫2
  • 島田紘一呂さんの木彫り猫3

島田紘一呂さんの木彫り猫 限定3名

あなたの猫がクスノキから生れる。

 島田さんは一本の木材から猫を彫る。言い方をかえると、あなたの猫が縦横約50cmのくすのきの塊から生れる。
 材料になるくすのきの樹齢は100年以上。ときには200年の大木を使うこともある。チェーンソーでざっくりと形を整えた後、ノミを使った細かい作業に入る。削り過ぎると取返しがつかない。完成が近づくにつれてひと彫りの緊張感は高まっていく――。
 35年間にわたって島田さんが彫り出してきた猫たちのように、出来上がったあなたの猫も、どことなく気品ただよう表情になるはずだ。
 猫を島田さんの工房まで連れて行く必要はない。写真で事足りるが、枚数は多いほうがイメージしやすいそうだ。

しまだ・こういちろう●1944年生れ。70年、多摩美術大学大学院彫刻科修了。2010年、二科展第95回記念大賞など受賞多数。現在、二科会理事、練馬区美術家協会会長を務める。

作品について

大きさはだいたい実物大。ポーズは「座り」か「寝そべり」の姿勢となります。色なしか色・柄つきのどちらかを選べます。お届けまで最長で6ヵ月。

応募後の流れ
  1. 応募した人のなかから抽選で当選者を決定。
  2. 通販生活から当選者へご連絡。
  3. 島田さんのスタッフへモデルになる猫の写真を数点お送りいただきます。
  4. 島田さんのスタッフから当選者へご連絡。ポーズ、色なしか色・柄つきの希望をうかがった上で、ポーズなどを決定。
  5. 制作開始。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動