週刊通販生活トップページ   >  プリザーブド仏花

「通販生活」公式通販サイト 毎週火曜日10:00更新

【お知らせ】2017年7月3日(月)より当ウェブサイトをリニューアルいたします。ご期待ください!

日比谷花壇のトップデザイナー・井上透さん作  生花のような瑞々しい色が続くプリザーブド仏花。

プリザーブドフラワーとは、生花を脱色液に浸して水分と色を抜いてから、着色して乾燥させた花のこと。花が傷みやすい夏でも水替えがいらないことから、仏花としても人気を集めています。そこで、迎賓館や皇居宮殿内の装花などを担当してきた井上透さんに、通販生活読者のためだけに本品をつくっていただきました。

シングルと対物のイメージ

プリザーブドフラワーの製造過程

井上さんにお願いしたのは、リビングにぴったりな「シングル」と、お仏壇用の「対物」の2タイプです。
どちらのアレンジにも井上さんがメインに選んだのは、古来より仏花として用いられてきた菊と蓮のプリザーブドフラワーでした。

「薬用として中国から日本へ渡来した菊は、貴族などの間で珍重されて、高貴という意味を持つようになりました。蓮は、生え出てくる泥水が現世に、そこに咲く花が悟りにたとえられて、お釈迦様が台座にされたことでも知られます。こうした格式ある花は、故人を偲ぶうえで欠かせません。

もう一点こだわったのは、現代の住まいに溶け込むデザインです。長い期間飾るものですから、インテリアになじむ柔らかな色合いにしました。中央に大輪を置くことでボリューム感を出し、周囲のグリーンで幅、奥行き、高さを持たせて躍動感を出しています」(井上さん)。

シングルにはアジサイ、対物にはリンフラワーなどのプリザーブドフラワーに加えて、乾燥させた薄い樹皮を花びらのようにカットしてダリヤやピンポン菊の形に束ねた副飾りも盛り込んであります。

色落ちの原因になるので、直射日光や高温多湿の場所を避けて飾ってください。

井上 透さん(フラワーデザイナー)

本品は小社でしか入手できません。
商品のお申込み
※マウスを乗せると拡大します。
  • 日本製
  • 本品は小社でしか入手できません
サイズ:
[シングル](約)幅22×奥行20×高さ30cm
[対物(1個)](約)幅15×奥行14×高さ30cm
重さ:
[シングル]重さ約500g
[対物(1個)]重さ約300g
素材:
プリザーブドフラワー/生花
花器/陶器
日本製
●手づくり品のため、1点ずつ色合いや大きさが異なります。