プロ用のスチームを再現した「微細なスチーム粒(10μm以下)」と「20分続くスチーム」でプロ並みの仕上り。

  • 山澤治夫のスチームプロ200
  • 山澤治夫のスチームプロ201
  • 山澤治夫のスチームプロ202
  • 山澤治夫のスチームプロ203
  • 山澤治夫のスチームプロ204

石崎電機製作所

山澤治夫のスチームプロ20

サイズ長さ30×幅12.7×高さ14.4cm、コード長さ1.9m
重さ約1.3kg
タンク容量270ml
材質本体/フェノール樹脂、ポリプロピレン
ベース/アルミダイキャスト
ベース面/アルマイトコーティング
温度調節スチーム高:約155℃、スチーム低:約135℃、ドライ:約100℃
消費電力800W ※電気代目安6.2円/20分(スチーム高)
付属品給水カップ
製造国中国

※オートパワーオフ機能つき(10分無操作時)。
※タコ足配線禁止。

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
フェノール樹脂、アルミダイキャストなしクロロフォン化
ポリエチレン
塩化ビニル段ボール、ポリ袋(PE)

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
228W(スチーム「高」で20分間使用)
メーカー測定
3日に1回20分間「高」でスチーム使用すると、1年間で40.56時間10.82kgCO₂749円
プレス職人、山澤治夫さん考案のスチーム持久力。

 本機のお手本は、高級服専門のアイロン専門プレス職人、山澤治夫さんが54年間使い続けてきた業務用のスチームアイロン。大型ボイラーから供給される柔らかいスチームが連続的に出てくる。 「アイロンが苦手な人は、蒸気の扱い方が下手なんでしょうね。生地のシワとはヨレてしまった繊維。蒸気が当るとヨレた繊維は膨らむので、ここをプレスし直すことでシワが消えていきます。スチームが細かいと、繊維に浸透しやすくなるのです」
 この業務用の細かいスチーム(10㎛以下)を可能にした仕組みは右下図の通り。家庭用の競合品には見られない「2部屋」構造で、タンクの水を加熱してつくったスチームを圧縮して微細スチームに変えていく。
 購入者の多くは、スチームの細かさ、柔らかさでシワがよく伸びると実感している。スチームは約20分間出続けるからワイシャツ6〜7枚はラクに掛けられる。
 電熱家電の老舗、石崎電機製作所製(1928年創業)。

【使用上のご注意】

 水道水のカルキや洗濯のり、柔軟剤成分が噴出孔に残留すると、スチームに汚れが混じる場合があります。定期的にスチーム噴出孔の汚れを取り除いてください(必ずアイロンのかけ面が冷えてから行なってください)。

●軽い汚れの場合
中性洗剤を希釈した水を含ませた布でかけ面を拭き、最後にから拭きしてください。噴出孔の目詰まりは綿棒や爪楊枝で取り除いてください。

●汚れが落ちにくい場合
200mlの水に重曹5g(小さじ1杯)を溶いた液にキッチンペーパーを浸し、冷えたアイロンかけ面にマスクします。10分ほど置いてからキッチンペーパーを外してから拭きしてください。
※重曹を増やすと噴射孔に目詰まりするので量を守ってください。

【愛用者の声】

鈴木文江さん(71歳・宇都宮市)

縫製の仕事をしていたころに使っていたプロ用アイロンの細かいスチームに近いですね。その証拠に、一度滑らせればシワがスッと伸びます。スチームが生地にちゃんと浸透していないと、こうはなりません。

鐘ヶ江姫奈さん(43歳・熊本市)

スチームの勢いは強くないのに、綿のワイシャツのシワも一度できれいに伸びます。以前使っていたアイロンは何度も往復していたのに。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください