蒸気切れのイライラよさらば。この「連続20分濃密スチーム」ならシワがスルスル取れる。

  • 山澤治夫のスチームプロ200画像を拡大
  • 山澤治夫のスチームプロ201業務用ボイラーに近い濃密な蒸気が連続して噴き出す。画像を拡大
  • 山澤治夫のスチームプロ202スチーム待機室を搭載した「2部屋構造」で蒸気が途切れない。画像を拡大
  • 山澤治夫のスチームプロ203スチームの種類は高温、低温の2種。スチームなしのドライモードもある。画像を拡大
  • 山澤治夫のスチームプロ200
  • 山澤治夫のスチームプロ201
  • 山澤治夫のスチームプロ202
  • 山澤治夫のスチームプロ203
サイズ長さ30×幅12.7×高さ14.4cm、コード長さ1.9m
重さ1.3kg
タンク容量300ml
材質本体/フェノール樹脂、ポリプロピレン
ベース/アルミダイキャスト
ベース面/アルマイトコーティング
温度調節スチーム高:約155℃、スチーム低:約135℃、ドライ:約100℃
消費電力800W ※電気代目安6.2円/20分(スチーム高)
付属品給水カップ
製造国中国

※オートパワーオフ機能つき(10分無操作時)。

 山澤治夫さん……国内外の著名ブランドから、ファッションショーなどの「仕上げプレス」を指名される伝説のプレス師です。
 「仕上げプレス」とはステージや高級店のウィンドウに陳列されるお披露目用のプレス。「プレス師」とはそのお披露目用を専門にプレスする人。
 本機は、その山澤治夫さんが会長を務めるヤマサワプレスのアイロンシステムと同じ原理でつくられています。
 特長その1はなんといっても仕上げプレス用に近い10マイクロメートル以下の小さなスチーム粒です。
 「シワを伸ばしてパリっと仕上げるスチームは量ではなく質が大切なんです。良質のスチームとは繊維に入り込むスチームのことですね。生地の折り目にも入り込み、生地になじみやすいからシワが取れやすいのです。
 噴出の勢いが強いだけのスチーム、量が多いだけのスチームは生地の折り目にあたって跳ね返ってしまいますか ら、逆にシワが取れにくいのです」
 特長その2は、家庭用としては最大レベルの20分間連続安定スチーム。
 スチーム発生構造は業務用アイロンのボイラーシステムを模した「電磁ポンプ式」。一般的な家庭用アイロンの一滴ずつ水を垂らす「滴下式」とは異なり、本機は2部屋構造。連続してタンク内の水を気化室に供給し続けるから、持ち手のレバーを引いている間はスチームが20分間連続噴出します。
 温度設定は3種。
・スチーム高:155℃/綿・麻向き
・スチーム低:135℃/ポリエステル、キュプラ等綿と麻以外の繊維向き
・ドライ100℃/アクリル系繊維向き
 メーカーは1928年創業の老舗、石崎電機製作所。山澤さんの指導を受け製品化しました。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動