「マキタのよさは掃除をしていると思わせないこの軽さ。ズボラな私が〝ホコリが目に入ったら即、マキタ〟になりました」
角田光代さん
(作家)

掃除ですか?

大嫌いです。床に落ちたゴミを拾うのですら面倒なくらいなので、掃除機をひっぱり出すだけで「どよーん」とします。

自宅には猫(アメリカンショートヘアのトト・7歳)がいて毛がものすごく抜けるのでしぶしぶやりますけど、仕事場ではできる限りやりたくない、やらない(笑)。締め切りが重なると2~3ヵ月はホコリを放置したまま。でも、ホコリって、見なかったフリをしていると、風で少しずつ部屋の隅に吹き寄せられて、肥大していくでしょ。日々すさんでいく自分を見せつけられているような感じ。

今年の1月に仕事場の掃除機をマキタに変えたら、この精神的荒涼感が消えました。コンセントに差すのが面倒で、ずっとコードレス機を使ってきましたが、ここまで軽いのは初めて。軽さにつられて、ホコリを見つけるたびに吸うようになりました。ズボラな私が〝ホコリが目に入ったら即、マキタ〟を無意識に実行できるのは、この軽さゆえですね。

ヘッドが小さくて小回りが効くので、床に積みっぱなしになった本の山々の間や、棚の下の奥のホコリまで軽々と届いて、掃除している自分を自覚しないうちにきれいになる。物は片づかないままですが、ホコリが消滅するだけで部屋の風通しがよくなった気分になれます。

もうひとつ気づいたことは、マキタが気分転換の道具になること。次の1行がどうしても出てこないときは、立ち上がって机や書棚の周りを1、2分ザッと吸います。パソコン机の下に吹きだまったホコリにヘッドを近づけると、5cmくらい離れた地点からみごとに引き寄せてくれる。邪悪なものが吸い込まれていくようです。この気分転換を1日に2、3回くり返していると部屋がきれいになるので、まとめ掃除をする必要がなくなりました。

かくたみつよ/1967年、神奈川県生まれ。90年『幸福な遊戯』でデビュー。05年には『対岸の彼女』で直木賞受賞。著作多数で、代表作に『八日目の蝉』『紙の月』など。

通販生活でしか入手できないターボつき強力マキタ。30分連続で使えて、重量わずか1.3kg。【本品は小社でしか入手できません】

本機は、業務用の直流モーターを搭載したマキタ家庭用コードレス機の中でも、小社限定で製造されている<ターボ>つきの特別強力タイプです。吸塵パワーは、ボタンを押すごとに<強→ターボ→標準>に切り替えられます。<ターボ>の吸込仕事率は<強>よりも約60%強い32Wです。

鉱物系の猫砂やクリップといった重いゴミや、フローリングのすき間に入り込んだ米粒、玄関マットに貼りついた髪の毛も、ノズルを1~2往復させるだけでかんたんに吸い込んでしまいます。

<標準>では実に30分の連続使用が可能で、仕事率、使用時間とも、数ある家庭用マキタ掃除機(バッテリー内臓式)のなかで最高の性能です。連続使用30分は一般家庭の掃除なら充分な持続時間。なお、<強>なら連続15分、<ターボ>なら連続12分使用できます。

重量は充電池込みでたった1.3kg。高齢者でも本機なら片手で使用できるから、苦痛だった階段掃除もラクラク。小さいお子さんを抱えながら片手で掃除できるから、子育て世代にもよろこばれています。

交換式リチウムイオン充電池採用で、高性能なのにお求めやすい価格を実現。

充電方法だけは業務用と大きく異なります。業務用は充電池を次々交換して使うカートリッジ式ですが、家庭用の本機は1回使うたびに充電する方式を採用。製造コストを抑えられたことにより、税込13,230円と性能に比してお求めやすい価格を実現できました。

使い終わったらコンセントに充電アダプターを4時間差し込んでおけば、「連続使用約30分」ぶんを充電してくれます。

リチウムイオン充電池の寿命は約500回(1日1回使用で約1年半使用可能)。寿命がきたら交換用リチウム電池に取り替えれば、強い吸塵力が復活します。

掃除機を立てかけておける専用スタンドをはじめ、じゅうたんノズルなどの別売アタッチメント、集塵袋などの消耗品も豊富に用意しています。

ごらんください!これが本機のハイパワー。
ビー玉70個吸い上げテストでパワーを証明。

本品の関連記事
  • 「マキタだとあまり掃除をしている気がしない。『あ、ごみ』の『あ』で手がひとりでに動いて、一瞬で吸い終わっている」高橋源一郎さん(作家)