週刊通販生活トップページ   >  バルミューダ3合炊き炊飯器

「通販生活」公式通販サイト 毎週火曜日10:00更新

二層ご飯釜『BALMUDA The Gohan』バルミューダ

特集 逆転の発想

白米を「蒸し炊き」にしたら、一粒一粒がふっくら自立している“硬め”のご飯が炊けるじゃないか。バルミューダの発想

米国を筆頭に世界が混迷を深めるだろう2017年…
この人たちの発想に学ぶことは大きいはず。

家電メーカーの異端児ことバルミューダがまたやってくれた。今度は電気炊飯器。これまでの「煮炊き」に対して、「蒸し炊き」だって。さっそく炊いて食べてみた。お赤飯ほど硬くはないが、これまでの煮炊きではなかなか炊けなかった「粒立ちのしっかりしたふっくら白飯」が炊ける。一粒一粒が煮崩れしないで自立している。べちゃっとゆ着してしまう不届きものは一切見当たらない。“硬め"のご飯が好きな読者には間違いなく喜ばれると思う。

「食感を追い求めていったら二層釜の水蒸気で炊く方式にたどりつきました」唐澤明人さん(バルミューダ 開発本部)

 開発担当の唐澤明人さんに聞いてみた。蒸し炊きはお赤飯からの発想ですか。

 「いいえ、はじめから蒸し炊き方式を考えていたわけではないんです。ひとくちにおいしいご飯といっても、旨みや香りなど色々な要素がありますが、僕らは食感を求めることにしました。最高の食感をつくることが最高の味をつくることに重なると思ったのです。大量の水で煮たり、電子レンジで加熱したり、炊き方をあれこれ3ヵ月ほど試したところ、蒸したときのおこわのような食感が一番よかった。

 ご飯を蒸し炊きすること3千回くらい。本来、僕はプログラマーですけど、いまはお米研ぎ名人になりました(笑)」

 炊飯器の専門家ではないから、かえって自由な発想ができた?

 「どうかな。この炊飯器の心臓部は水温を調節するプログラムです。どう水温を上げていくかで食感はまったく変わります。これまでの技術は、最高の食感に蒸し上げるプログラムづくりに役立ったとは思います」

 非常に稀な二層釜構造の水蒸気炊き方式である。

(1)内釜には従来と同じく米と水を入れ、外釜に200㏄の水を入れてセットする。外釜の水が沸騰して水蒸気となり、まずは水蒸気熱で内釜に熱を加える。内釜が60℃以上になると米が水をぐんぐんと吸っていく。

(2)内釜の米が吸水し終わると、外釜からの水蒸気熱が今度は米そのものに伝わっていく。米は内釜の中で踊ることなく、つまり煮崩れずに、おねば、でんぷん質を内側に閉じ込めたまま、強力な水蒸気熱で炊き上がる。

(3)途中の15分間は本体から湯気が大量に出てくるが、その湯気からは米の香りはほとんどしない。米の香りを閉じ込めたまま炊き上げているからである。

 炊ける量は3合まで。夫婦二人ならちょうどいい。炊飯ボタンを押してから炊けるまではきっちり60分。やや長め。保温機能はない。

 お米のプロに試食していただくことにした。まずは、米作り歴60年、新潟県有機農業研究会の代表を永年務めてきた津南高原農産代表の鶴巻義夫さん。そうです、引退する14年までは本誌読者用のお餅をつくってくださっていた、あの鶴巻さん。

 「ああ、これはよく炊けてるわ。ご飯つぶが丸くふくらんでいて、粒もしっかりしている。私が知っている限り、一番おいしい炊き方は、かまどでモミ殻を燃やしてじっくり炊いたご飯だけど、これはそれに近い食感だね」

 もうお一人は、『食卓はいつもミステリー』(新潮文庫)で「卵かけ御飯は簡にして美味。卵そのものの選択さえまちがわなければ、これはあまり料理人の腕に影響されない民主的なメニュー」と書いていた阿刀田高さんに。

 「なるほど、これは噛んでいるとだんだん味が出てくるご飯だ。『吉兆』とか良いところの料理屋さんに行くと、だいたい硬めのこんなご飯が出てくる。

 ふだんは消化にいいかと思って柔らかめのご飯を食べてるのだけど、卵かけご飯はこの硬さのほうが断然おいしいね。私は戦中戦後を体験しているからかもしれないけど、いいご飯はかき込んでは駄目です。もったいない。これで炊いたご飯はゆっくり食べないとバチが当たる」

 メーカーは東京・武蔵野市にあるバルミューダ。設立は03年と新しいが、DCモーター扇風機、Wファン空気清浄機、スチーム式トースターと数多くのヒット商品をつくり出している新進気鋭の家電メーカーだ。

①外釜に水を張ってから、内釜をセットする。②外釜の水が蒸気になって内釜の米を蒸す仕組み。

「一流と言われる料理屋さんで出てくるご飯は、こんな感じの硬めだね」阿刀田 高さん(作家)「この硬さ、おいしいね。モミ殻使ってかまどでじっくり炊いたご飯の味を思い出す」鶴巻義夫さん(新潟・津南高原農産代表)

本器で炊いたご飯はしっかりと粒立つ。

2016年10月21日、テスコ社にてX線CTシステムで撮影、そのデータを3D化した。

商品のお申込み
※マウスを乗せると拡大します。
サイズ:
幅27.5×奥行25.1×高さ19.4cm
重さ:
約4kg
材質:
外釜/アルミ、内釜/ステンレス
容量:
白米0.5~3合、モード:白米・早炊(約40分)・玄米・炊込・おかゆ
消費電力:
670W
コード長さ:
1.2m
炊き上がりタイマーつき
台湾製
※保温機能なし
※5年間無料修理は本体のみ
  • 電気代目安18.9円/1回
  • 3合炊き
  • 5年間無料修理
  • タコ足配線禁止