週刊通販生活トップページ  >  ファイトケミカルブレンダー

「通販生活」公式通販サイト 毎週火曜日10:00更新

旭のフィトケミカルブレンダー 旭

これは稀少!フィトケミカルブレンダー 老化防止に欠かせない抗酸化成分(フィトケミカル)を沢山ふくんでいる皮や種・・・永生きしたい人は捨てちゃダメ。

生のまま丸ごとこのブレンダーへ。固い種や皮も粉々に砕いて、たった1分でなめらかでトロトロになる。

はじめに。免疫力の低下、肌荒れを防ぐ「抗酸化酵素」は40代から減少します。補うにはフィトケミカルを摂ることをおすすめします。

年齢を重ねるにつれて、風邪をひきやすくなった、肌荒れやシミ、シワが目立つ……と感じている中高年の方は多いでしょう。原因の一つは、老化を招く活性酸素から身を守ってくれる、抗酸化酵素の減少です。

ぜひ強力な抗酸化能力が備わっているフィトケミカルを摂ってください。ところが、フィトケミカルの多くは野菜や植物の皮や種などの固い細胞に守られた内部にあり、そのままでは摂りづらいので、私はスムージーにして飲むのが最適だと考えています。

つまり、できるだけ細かく粉砕すること。細かくなるほど、表面積も増えて吸収率も上がり、なめらかになります。

野菜の組み合せによって、効果はさまざまです。βカロテンを多く含むかぼちゃとオイゲノールという香り成分を持つバナナを組み合せれば免疫力対策につながります。便秘の改善や貧血にいいプルーン、血流改善に役立つアーモンドを加えるのもいいと思います。

高齢者の方には冷たいものより、常温、もしくはつくった後に電子レンジで少し温めたものがいいです。電子レンジは煮るより栄養素の喪失が少ないですし、手軽に温められるから、飲み続けやすいと思います。

川嶋 朗先生(東京有明医療大学教授)
医学博士。西洋近代医学と伝統医療を統合した医療を実践している、冷え治療の第一人者。
『スムージーバイブル』(医道の日本社)の監訳も担当。

フィトケミカル……フィトはギリシャ語で植物、ケミカルは成分だから、「植物がつくり出す天然栄養成分」のこと。強い紫外線から身を守るために、植物が自らつくり出す抗酸化成分だ。とくにこれまでは捨てていた野菜・果物の種や皮、ヘタや根っこに、フィトケミカルは多く含まれているという。では、明日から、そのフィトケミカルをスムージーにして飲んでいこう。

東京医科大学病院や三井記念病院、中部ろうさい病院、永生病院、複十字病院八尾・松原徳洲会病院など全国1475ヵ所の病院、1823ヵ所の福祉施設で採用されている「旭の業務用ブレンダー」と同じレベルの「旭の家庭用」がついに完成した。

「ジュース」は野菜果物のしぼり汁だが、「スムージー」は果肉ごと粉砕、撹拌してトロトロ状にしたもの。生の野菜果物をスムージー化するために必要な道具がブレンダー(ミキサーの正式名称)。

業務用ブレンダーメーカーとして知る人ぞ知る「旭」(創業1958年・大阪市)にかねてからお願いしていた「フィトケミカル専用ブレンダー」の家庭用がついに完成した。家庭用といっても、ブレンダーの命である 「刃」はむろん、旭製。業務用と同じ種も皮もスムージー化できる形状の「極厚ステンレスギザ刃」を採用している。

回転力(撹拌力)をつくるベアリングも業務用と同じ日本精工製を2個内蔵。本体内部に搭載しているモーター冷却機能も業務用レベルで、連続で最大10分使用できる。

業務用との違いは、撹拌パワーの切替や容器の容量など。

業務用は5段階切替できるものもあるが、家庭用の本機は2万4000回転、2万回転、1万6000回転の3段階。食材を入れる容器も業務用は大の3リットルも小の800ミリリットルもあるが、家庭用は1リットルのみ。ちなみに業務用の価格は8万円台から。

スイッチ・オンで、生の野菜が1~2分でトロトロのスムージーになり、フィトケミカルが胃や腸に負担をかけずに吸収される。

では、添付レシピの「骨粗しょう症対策・小松菜とかぼちゃのスムージー」をつくってみよう。材料は6種(上写真)。

その1は葉物の王様といわれる「小松菜」。抗酸化作用が高く、カルシウムも牛乳なみだから骨粗しょう症の読者には欠かせない。

その2は「かぼちゃ」。とくに種の部分にフィトケミカルが沢山含まれている。これを生ごみとして捨てていたなんて!

その3は「バナナ」。甘みで味を調えるだけでなく、カリウム、マグネシウムもどっさり。ただし皮はカビ防止剤が残っていることがあるので投入禁止。

その4は「アーモンド」。とくにビタミンEの補強に欠かせない。

その5は「干しプルーン」。フィトケミカルはもちろん、ビタミンA、カリウム、鉄、ペクチンなど、栄養素が豊富に含まれている。

その6は「豆乳」を少し。撹拌力を強めてなめらか化を促進する。

1回(1分)でつくれる量は1リットルだから、コップ約5杯分。

撹拌音はうるさい。欠点というより必要悪。ガマンしてください。

種も皮もスムージー化できる家庭用の競合品は調べた限り、約6万円(1400W)~約9万円(900W)。本機は約4万円(600W)。仕上がりに遜色なく、作動音も差はなかった。

フィトケミカルブレンダー

血圧・血行対策 ブロッコリーとバナナのスムージー
ブロッコリー(茎も含む)・バナナ・しそ・アーモンド・水
免疫力対策 にんじんとみかんのスムージー
にんじん(皮ごと)・みかん(皮ごと)・バナナ・はちみつ・水
コレステロール対策 ほうれんそうとアーモンドのスムージー
ほうれんそう・アーモンド・りんご(皮ごと)・バナナ・水
肌荒れ対策 赤パプリカとみかんのスムージー
赤パプリカ(種ごと)・みかん(皮ごと)・りんご(皮ごと)・バナナ・水

川嶋先生監修のレシピが付属。
全15種類のスムージーレシピを掲載。

「大根やにんじんなどの根菜からおかゆの粒までなめらかになるので、安心して患者さんに食べてもらえます」

複十字病院 栄養科科長 川﨑由香理さん(管理栄養士)

 嚥下困難な患者さんの食事にブレンダーは欠かせません。キャベツや白菜、かぼちゃの煮物などからおかゆの粒まで、固形物をなくさないといけないので撹拌力が強いものが必要です。
 その点でこの業務用は合格です。これまでの機種では細かくできなかった、ほうれん草や小松菜といった繊維のある葉物野菜までもなめらかにしてくれます。
 しかも撹拌するスピードも速いので、調理時間の短縮にも役立っています。
 家庭用でこれと同じ撹拌力があれば、おいしいスムージーを作るには十分だと思います。

「白菜の芯も皮つきの柿もこれでスムージーにすれば、フィトケミカルがたくさん摂れますね」

林 望さん(作家)

林 望さん
はやし・のぞむ●91年『イギリスはおいしい』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞。最新刊は『謹訳 平家物語 四』(祥伝社)。

免疫力を高めるのにフィトケミカルがいいのは知っていたけど、実際に野菜や果物を丸ごと摂るのは難しいと思っていた。ぼくは声楽家でもあるから、のどにいい梨のジュースをよくつくりますが、皮をむいて種を取ってからミキサーにかけても、ザラザラで飲みにくいと感じていましたから。

このブレンダーは「種や皮を粉々に砕いてトロトロにする」と聞いて試してみたんだけど、たしかに全然違う。梨は皮をむかなくてもでき上がりはなめらか。これはすごいと思って、白菜の芯と皮のついた柿、蜂蜜、レモンでスムージーをつくってみたら、とろみと甘みがあってすごくうまい。りん ごもにんじんも丸ごと入れて、いろんなスムージーを飲んでいます。

ごらんください!
これが「極圧ギザギザ刃」の粉砕力。プルーンの種もカボチャの皮もトロトロのスムージーに。

本品は小社でしか入手できません

商品のお申込み
※マウスを乗せると拡大します。
フィトケミカルブレンダー
サイズ:
幅18.5×奥行26×高さ45.7cm
重さ:
約4.1kg
材質:
本体/ABS・PP、容器/PETG、刃/ステンレス
消費電力:
600W
コード長さ:
2m
定格時間:
10分
適正容器容量:
1L
容器耐熱温度:
60℃
レシピつき
日本製
※食洗機不可。
  • 日本製
  • 5年間無料保証
  • 本品は小社でしか入手できません
  • 電気代目安0.3円/1分