バーミックス3000
バーミックス3001
バーミックス3002
バーミックス3003
バーミックス3004
バーミックス3005
バーミックス3006
バーミックス3007
バーミックス3008
バーミックス3009
バーミックス30010
バーミックス30011
バーミックス30012
バーミックス30013
バーミックス30014
バーミックス30015
バーミックス30016
バーミックス30017
バーミックス3000

手こねが面倒なイワシのつみれも本機を使えば、あっという間。白

バーミックス3001

付属のスリムスタンドに本体とアタッチメントを収納できる。赤

バーミックス3002
バーミックス3003

アタッチメントをつけ替えるだ けであらゆる下ごしらえに対応。

バーミックス3004

ウイスク

バーミックス3005

ビーター

バーミックス3006

ミンサー

バーミックス3007

「通販生活オリジナルセット」 は、レシピ2冊とグラインダー、ミキシンググラスつき。基本のクッキング(106種)、スープとジュース(92種)

バーミックス3008

「通販生活オリジナルセット」 は、レシピ2冊とグラインダー、ミキシンググラスつき。グラインダー

バーミックス3009

「通販生活オリジナルセット」 は、レシピ2冊とグラインダー、ミキシンググラスつき。ミキシンググラス

バーミックス30010

帆立のしんじょ椀

バーミックス30011

えび入り焼売

バーミックス30012

にんじんのポタージュ

バーミックス30013

手作り味噌

バーミックス30014

カラーピーマンとトマトのジュース

バーミックス30015

ロールケーキ

バーミックス30016

はまうち・ちなみ●テレビや雑誌にひっぱりだこの人気料理研究家。近著は『二菜ごはん』(主婦と生活社)など。

バーミックス30017

浜内さんのレシピ、キノコのポタージュ

下ごしらえがかんたんだから、毎日のお惣菜メニューが一気に増えるハンディミキサーの元祖品。

料理好きでバーミックスを知らない人はいないだろう。熱々の鍋やボウルに差し込んで、手の延長のような感覚で「混ぜる」「刻む」「砕く」「泡立てる」「つぶす」「すりつぶす」がかんたんに出来てしまう。モーターパワーの強さは、仕上がりにうるさいプロの現場で実証ずみだ。

「毎日のお惣菜づくりに行き詰っている人」とは「下ごしらえの手間を敬遠している人」ではないだろうか。そんな人にこそ本機は必要だと思う。
 1955年の初代モデル発売以来、世界50ヵ国、のべ1500万台以上の販売実績を誇る下ごしらえ機(ハンディミキサー)である。料理研究家やレストランの厨房をはじめ、本機を愛用しているプロの料理人は数多い。服部栄養専門学校では授業用にも採用されている。最新モデルの本機のモーターパワーは300W。カチカチに凍った食材も砕けるから、凍らせたトマトをつぶしてスムージーもつくれる。
 先端のアタッチメント(3種)をつけ替えるだけで、手の延長のような感覚で鍋やコップに差し込んで直接調理ができるところは最新モデルも同じだ。食材を移しかえる容器も手間もいらない。使用後は先端を洗うだけだから、後片づけもラクだ。 『石垣島ラー油と、おいしいペンギンごはん』(マガジンハウス)の著者で石垣島の辺銀食堂の店主、辺ぺん銀ぎん愛理さんのバーミックス歴は17年。 「下ごしらえで毎日酷使していますけど、壊れませんね。昼過ぎから夕方までに4〜5種の下ごしらえをこれで一気にやりますけど、いちいち分解して洗わなくていいからホント、仕事がはかどります。
 茹でた田芋(たーむん)の中にバーミックスをつっ込んでガガ―ッとつぶす。次はもずくをつぶしてドレッシングをつくる。鍋いっぱいに煮込んだ牛スジを粗みじんにするのも2分。弾力たっぷりのイカ団子も5分足らず。スイカを漉して半量を凍らせて、半量をジュースにして混ぜれば、フローズンシェイクに」
 通販生活限定のお得なオリジナルセット内容は次の通り。
●本体とスタンド
●アタッチメント3種(ウィスク、ビーター、ミンサー)
●基本のクッキング(2160円)
●スープとジュース(1512円)
●マヨネーズがかんたんにつくれる「ミキシンググラス」(1944円)
●コーヒー豆を挽いたり練りごまがつくれるグラインダー(3780円)
 本体、スタンド、アタッチメント3種、ミキシンググラス、レシピ本『基本のクッキング』がついた「ベーシックセット」もある。

「素材のうま味や食感を引き出すならこれ。友人を招いて旬のポタージュをふるまうときの必需品です」
浜内千波さん(料理研究家・使用歴10年)
 バーミックスをひと言でいうと、料理を楽しくしてくれる道具。自宅では10年以上使っていますし、料理教室では先日買い足した最新モデルを加えると合計3台使っています。野菜は細かく刻めば美味しさが凝縮されますから、「野菜の旨みを生かす」がモットーの私の料理には必需品です。
 週末には友人を招いて旬の素材を取り入れたポタージュをふるまいます。春だったらキャベツにフェンネル、わかめですね。鍋で材料を煮ておいて、仕上げにかき混ぜる工程をバーミックスで披露するの。ペタッとしているわかめはフードプロセッサーにかけると底のほうが刃に当たらず均一な仕上がりになりませんが、バーミックスなら上手に刻めます。
 先日は教室のスタッフとキノコのポタージュをつくりました。まずキノコを「グラインダー」でガーッと刻んで炒めます。刃を「ミンサー」につけ替えて、アツアツの鍋にキノコと牛乳を投入して再びガーッ。レストランだとキノコは隠し味用に細かくしますが、私は食感を楽しめるように少し粗めに仕上げます。こういう繊細な調整ができるのもバーミックスのすごいところ。
 最新モデルはパワーが一段と強力になりましたね。キノコをポタージュ以外にも使いたくて一度に1キロを刻んだら、2分程度でみじん切りが完成しました。包丁で刻むときの10分の1の時間です。
スイス・ESGE社    
バーミックス300
【仕様】
直径6.5×全長34cm、重さ975g、材質:ナイロン・ステンレス・アルミニウム、消費電力300W、コード約170cm、定格時間5分、スタンドつき、電気代目安0.67 円/5分、スイス製
こちらもおすすめ
あなたが最近チェックした商品
通販生活トップに戻る

バーミックス300

税込価格 31,860  円~
商品を買う