三井記念病院、永生病院、荒川病院、複十字病院など全国4815ヵ所の病院、福祉施設で採用されている「旭の業務用ブレンダー」と同レベルの「旭の家庭用」が本機。

  • フィトケミカルブレンダー0
  • フィトケミカルブレンダー1
  • フィトケミカルブレンダー2
  • フィトケミカルブレンダー3
  • フィトケミカルブレンダー4

通販生活の

フィトケミカルブレンダー

サイズ幅18.5×奥行26×高さ45.7cm、コード長さ2m
カップ容量:1L(耐熱温度60℃)
重さ4.1kg
材質本体:ABS、PP/容器:PETG/刃:ステンレス
消費電力600W ※電気代目安0.3円/分
定格時間10分
付属品スムージーレシピ(15種)
製造国日本

※食洗機不可。

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
ABS、PPPP、PETG、シリコン、ステンレス塩化ビニル塩化ビニル段ボール、ポリ袋(PE)、紙

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
600W1日1回1分、1年間使用すると6.1時間1.43kgCO₂99円
全国5200ヵ所以上の病院、介護施設で採用されている業務用と同パワーの家庭用。

 野菜と果物の栄養は、実の部分よりも皮や種にたっぷり含まれている。種はこれから植物を生み出すための栄養の塊。皮には植物が外敵や紫外線から身を守るためにつくっている抗酸化成分フィトケミカル(ポリフェノール)がどっさり。
 野菜の栄養を丸ごとスムージーにして飲みたい人には本機がおすすめだ。16年の初掲載以来、年々売上順位を上げて、19年度はついに25位。
 病院用、介護施設向けの業務用ブレンダーを永年つくり続けている旭(1958年創業)に通販生活が特注したのが本機だ。
 業務用の世界で評価が高い「極厚ステンレスギザ刃」と「食材をもらさず刃に当てる容器形状」はそのまま。回転力(攪拌力)をつくるベアリングも業務用と同じ日本精工製だ。ただし家庭用の本機は、容器がプラスチックで容量1リットル。攪拌パワーは3段階切替え(業務用は5段階)。
 かぼちゃのタネをペースト状にできるパワーなので、作動音はうるさい。

黒ごまときなこのスムージー
生姜とはちみつのレモネードのレシピ

黒ごまときなこのスムージー

●材料

  • 黒ゴマ 大さじ1
  • きな粉 大さじ1
  • バナナ 1本
  • 牛乳 100ml
  • はちみつ お好みで

●作り方

  1. バナナを半分に折って、他の材料と一緒に撹拌。
  2. はちみつを加えながらお好みの甘さまで調整してください。
  3. 耐熱カップへ入れて600Wで1分加熱。

「ごまのパワーでアンチエイジング」
ごまに含まれるセサミンには抗酸化作用があり、血流の改善がすすみ、お肌のハリなどの効果が期待できます。

生姜とはちみつのレモネード

●材料

  • レモン 1個
  • はちみつ 大さじ2〜3
  • りんご 半分
  • お湯 100ml〜
  • 生姜 4g

●作り方

  1. レモン果汁をしぼる。
  2. はちみつとよく混ぜて、お湯100mlを加えてよく混ぜる。
  3. しょうがとリンゴをざく切りにして、(2)と共に容器に入れて撹拌し、お好みの濃さになるようお湯を加えてください。

「体の内側から風邪予防」
生姜には身体を温め、新陳代謝を活発にするショウガオールと殺菌作用のあるジンゲロールが豊富に含まれています。レモンに含まれるクエン酸は体内の代謝を活性化させ、疲労回復を促し、免疫力を高める効果があります。

免疫力の低下、肌荒れを防ぐ「抗酸化酵素」は40代から減少します。補うにはフィトケミカルを摂ることをおすすめします。

川嶋朗先生(東京有明医療大学教授)

 年齢を重ねるにつれて、風邪をひきやすくなった、肌荒れやシミ、シワが目立つ……と感じている中高年の方は多いでしょう。原因の一つは、老化を招く活性酸素から身を守ってくれる、抗酸化酵素の減少です。
 ぜひ強力な抗酸化能力が備わっているフィトケミカルを摂ってください。フィトケミカルの多くは野菜や植物の皮や種などの固い細胞に守られた内部にあり、そのままでは摂りづらいので、私はスムージーにして飲むのが最適だと考えています。
 つまり、できるだけ細かく粉砕すること。細かくなるほど、表面積も増えて吸収率も上がり、なめらかになります。
 野菜の組み合せによって、効果はさまざまです。βカロテンを多く含むかぼちゃとオイゲノールという香り成分を持つバナナを組み合せれば免疫力対策につながります。便秘の改善や貧血にいいプルーン、血流改善に役立つアーモンドを加えるのもいいと思います。
 高齢者の方には冷たいものより、常温か、つくった後に電子レンジで少し温めたものがいいでしょう。電子レンジは煮るより栄養素の喪失が少ないですし、手軽に温められるから、飲みつづけやすいと思います。

かわしま・あきら●医学博士。西洋近代医学と伝統医療を統合した医療を実践している、冷え治療の第一人者。『スムージーバイブル』(医道の日本社)の監訳も担当。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください