「白菜の芯も皮つきの柿もこれでスムージーにすれば、フィトケミカルがたくさん摂れますね」
林望さん
(作家)

免疫力を高めるのにフィトケミカルがいいのは知っていたけど、実際に野菜や果物を丸ごと摂るのは難しいと思っていました。

ぼくは声楽家でもあるから、のどにいい梨のジュースをよくつくりますが、皮をむいて種を取ってからミキサーにかけても、ザラザラで飲みにくいと感じていましたから。

このブレンダーは「種や皮を粉々に砕いてトロトロにする」と聞いて試してみたんだけど、たしかに全然違う。

梨は皮をむかなくてもでき上がりはなめらか。これはすごいと思って、白菜の芯と皮のついた柿、蜂蜜、レモンでスムージーをつくってみたら、とろみと甘みがあってすごくうまい。りんごもにんじんも丸ごと入れて、いろんなスムージーを飲んでいます。

はやしのぞむ/1949年、東京都生まれ。91年『イギリスはおいしい』でデビュー。「リンボウ先生」シリーズなどのエッセイのほか、小説、日本文学研究など著作多数。

業務用と同じ極厚ギザ刃で、種も皮もなめらかに粉砕。老化防止に効くフィトケミカルを余さず摂れる。

フィトケミカルは、野菜・果物が紫外線から身を守るために自らつくり出す抗酸化成分。人間の免疫力を高めてくれる貴重な栄養成分ですが、皮や種、根っこやヘタなどに多く含まれていて、摂りにくいのが難点です。

そこでおすすめなのが、野菜も果物も丸ごと本機にかけて、トロトロのスムージーにして飲んでしまうこと。

本機は、業務用ブレンダー(ミキサー)メーカーとして知る人ぞ知る「旭」がつくった初の家庭用です。大量の食材を日に何度も攪拌する業務用には、高い粉砕力と耐久性が求められます。その点、旭製は全国1475ヵ所の病院、1823ヵ所の福祉施設で採用されていますから、じつにパワフルでタフ。ここまで採用実績のあるブレンダーはまず見当たりません。(2017年3月現在。メーカー調べ)

業務用に引けを取らない本機の実力をご覧ください。

付属レシピ集には15種のスムージーを掲載。

本機は、容量を1ℓに、攪拌パワーを3段階切替にした家庭用。粉砕力の要「極厚ステンレスギザ刃」やベアリングは業務用とまったく同じですから、分厚いかぼちゃの皮やクルミもすばやく粉砕して、わずか1分でトロトロのスムージーにしてくれます。約4万円という価格で、種、皮まで砕けるブレンダーでは希少です。

付属レシピの「骨粗しょう症対策・小松菜とかぼちゃのスムージー」をつくる場合は、小松菜、かぼちゃ(種・皮ごと)、バナナ(皮はむく)、アーモンド、干しプルーン、豆乳を投入。スイッチを入れると1縲鰀2分で、なめらかなスムージーができ上がります。

容器はプラスチック製ですから、高齢者でも扱いやすい重さ。目覚ましになるほどうるさい回転音は、必要悪と思ってご勘弁を。

本品は小社でしか入手できません。