下準備なし、乾燥大豆から30分でアツアツの豆乳がつくれる小型タイプ。

  • ソイアンドスープ0
  • ソイアンドスープ1
  • ソイアンドスープ2
  • ソイアンドスープ3

レコルト

ソイアンドスープ

サイズ高さ21.6cm×幅13.6cm×奥行10.4cm、コード長さ約1m
重さ約990g
材質PP・ステンレス
消費電力230W
容量約350ml
付属品計量スプーン、掃除ブラシ、レシピブック
製造国中国

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
ステンレス、PPステンレス、PPPVCPVCポリ袋(PE)、発泡PS、段ボール

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
230W週3回90分、1年間使うと79時間7.09kgCO₂約490円

 従来の豆乳メーカーのほとんどは、500ml以上の大型タイプが主流で、価格も1万5000円〜3万円台が多かった。
 それに対して本機は少人数用(1万1000円)。カップ2杯分(350ml)の豆乳を短時間でつくって、飲み切ってしまうのにちょうどいい。

濾さずにオカラごと飲めるから、大豆の栄養をすべていただける。

 ご存じの通り、「大豆イソフラボン」は中高年女性に必要な栄養素の一つ。体内で女性ホルモンに似た働きをすることで、骨粗しょう症対策や更年期症状対策にいいと言われている。
 本機の特長は強力な粉砕力。乾燥大豆をなめらかに粉砕するので、オカラを濾さなくてもおいしく飲める。つまり、大豆50gに含まれている大豆イソフラボン(約70.2mg)をそっくり摂れる。
 豆乳のほかに自家製コーンスープや枝豆スープ、食物繊維たっぷりの根菜スープ、かぶとれんこんのすり流しなど、レシピ30種が付属する。スープは25分でつくれる。

メーカーについて

 レコルトは、1992年設立の小型家電を得意とするメーカー。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください