細い注ぎ口からお湯が真下に落ちるから、「粉のドーム」が失敗しない。1℃単位で湯温設定できて、高齢世代にやさしい簡単操作。

  • ドリップ電気ケトル0
  • ドリップ電気ケトル1
  • ドリップ電気ケトル2
  • ドリップ電気ケトル3

レコルト

ドリップ電気ケトル

サイズ(約)幅29.5×奥行21.5×高さ22cm、コード長さ約70cm、ケトル容量0.8L
重さ1.1kg
材質ステンレス・ABS
消費電力1000W
製造国中国

※タコ足配線禁止。

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
ステンレス、ABSステンレスPVCPVCポリ袋(PE)、段ボール

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
1000W1日10分、1年間使用すると61時間23.8kgCO₂約1647円
 ヤカンの火のつけっぱなしが心配な高齢世代にありがたいのが、安全性の高い電気式のケトルだ。お湯が沸いたら自動停止するので、カラ焚きの心配はない。
 さまざまな競合品が出回っているが、コーヒー好きには本機がピカイチだろう。「細い注ぎ口」にご注目いただきたい。おいしいドリップコーヒーを淹れるために大切な「粉のドーム」が簡単につくれるのだ。
  1. 水を入れたケトルを電源プレートにセットする。
  2. 「100℃」ボタンを押してから「+」「-」ボタンで好みの温度に設定する。設定後、指を離すと3秒後に加熱が始まる。
  3. お湯の温度が設定温度になると、ピーッと音がして教えてくれる。ケトルを電源プレートから持ち上げると、電源は自動オフになる(持ち上げないと、20分間保温状態になってから電源が切れる)。

 沸騰させたいときは、「100℃」ボタンを押すだけ。180mlが約170秒(水温20℃のとき)で沸騰する。ラーメンを食べるときはこのモードに。最大容量は800ml。ケトルは高級感のあるツヤ消しステンレス。

メーカーについて

 デザイン性にすぐれた小型家電に強いレコルト(1992年設立)の最新機種。


もっともおいしい適温
  • コーヒー(浅煎90℃、深煎85℃)
  • 紅茶100℃
  • 煎茶80℃
  • ほうじ茶100℃
  • 玉露50℃
  • 熱湯(180㎖で約170秒)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください