3本のカーボンヒーターで一気に焼く。外サク、中モチまでわずか90秒。

  • トリプルカーボントースター0
  • トリプルカーボントースター1
  • トリプルカーボントースター2
  • トリプルカーボントースター3
  • トリプルカーボントースター4

シロカ・すばやき

トリプルカーボントースター

サイズ幅35×奥行32×高さ23cm
重さ約4.8kg
材質スチール、アルミ
消費電力1400W ※電気代目安0.95円/90秒
コード長さ約1.2m
付属品トレー、もち焼き網
製造国中国

※周囲10cm、上方20cm以上開けて設置。
※タコ足配線禁止。

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
スチール、ステンレスステンレスPVCPVC段ボール、ポリ袋(PE)
トーストは焼き時間が短いほど美味しくなる。つまり、トースターのピカイチの基準は「焼き上げの速さ」。3本のカーボンヒーターで280℃の高火力を実現した本機なら、わずか90秒だ。

 最近は、スチームでトーストをおいしく焼き上げる競合品も出てきたが、本機は理論が違う。水蒸気を利用する代わりに、すばやく(トースト1枚90秒)焼くことでトースト内に水分を閉じ込める。
 この「90秒焼き」を可能にしたのは上部1本、下部2本のトリプルカーボンヒーター。わずか2秒で高温に達するすぐれものだ。
 内部の熱線の形状にも工夫が施されている。温度が上がりにくい両端は、ヒーター熱線の密度を高めることで熱量を上げている。中心部だけが熱せられることを防ぐためで、これにより熱がムラなく行き届き、焼き具合が均一になるのだ。
 6枚切りの食パンを焼いてみた。食感の違いがすぐにわかる。とくに中心部のモチモチ具合には驚かされた。パサつきを一切感じない。
 なぜ早く焼くと中がモチモチになるのか。トースト研究の第一人者・山田昌治博士(工学院大学先進工学部)に聞いた。
「表面を急激に熱すると、パンに含まれている水分がトースト中心部に移動するので、中心部は焼く前よりも水分含有量が増えるんです。この豊富な水分こそが、モチモチした食感の正体です」
 9種のオートモードも優秀で、ダイヤルを回して選ぶだけ。冷凍トーストやクロワッサン、焼きいもも上手に焼ける。

「もっと早く買替えれば良かった。同じパンとは思えない焼き上がりです」

愛用歴2ヵ月 村田佳子さん(東京都・57歳)

  焼き上げの速さは、本当でした。同じ6枚切りでも以前のトースターでは4分ほどかかっていたので、この90秒は大違い。
 キツネ色の焼き目はいままでのトースターで焼いたときと同じでも、食感と味がまるで違います。表面はカリッとした歯ごたえがあるのに、中は水分を感じる、しっとり柔らかさのある2層の味わいです。いつものスーパーで買ったパンとはとても思えない(笑)。
 4センチ厚の厚切りパンでトーストを焼くこともあります。どんなに厚くても中までしっとり、モチモチは変わらないので感心しました。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください