木と変わらない刃当り。高齢者に評判の630グラム軽量設計。

  • 抗菌まな板「かるきざみ」0画像を拡大
  • 抗菌まな板「かるきざみ」1内部にハニカム空間層を挟むことで、木のような刃当りと軽さを実現した。
    表面は粘りのあるエラストマー樹脂(合成ゴム)。内部の芯材はハチの巣のようなハニカム構造になっていて、上からかかる包丁の荷重を6方向に逃がすので、柔らかい刃当りが生れる。
    画像を拡大
  • 抗菌まな板「かるきざみ」2黄色ブドウ球菌を接種し、2時間後、5時間後を比較した(東亞合成製品研究所でテスト)。画像を拡大
  • 抗菌まな板「かるきざみ」3画像を拡大
  • 抗菌まな板「かるきざみ」0
  • 抗菌まな板「かるきざみ」1
  • 抗菌まな板「かるきざみ」2
  • 抗菌まな板「かるきざみ」3

岩谷マテリアル

抗菌まな板「かるきざみ」

サイズ幅38×奥行24cm×厚さ1.5cm
重さ約630g
材質表材:エラストマー樹脂(亜鉛系抗菌剤練り込み)
芯材:PP
耐熱温度100℃
お手入れ方法食洗機・乾燥機不可。
製造国日本

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料梱包材
表面材TPE、芯材PPTPE段ボール、ポリ袋(PE)
木と変わらない刃当り。高齢者に評判の630グラム軽量設計。

 樹脂製やゴム製は衛生面はいいけど重い......という高齢者の悩みを解消してくれるのが本品。
 重さは630グラム。同厚同サイズの樹脂製やゴム製(1.1〜1.6キロ・編集部調べ)の約半分です。内部の芯材をハニカム(蜂の巣)構造で空洞化してあるので、1.5センチの厚みがあっても軽いのです。
 ハニカム構造は、木のまな板に匹敵する「やわらかな刃当り」も生み出しました。一般的な樹脂製と違って、上から加わる包丁の力をハニカム構造が6方向に分散してくれるからです。表層部に練り込んだ抗菌剤は、洗剤で洗っても効力が落ちにくい亜鉛系です。
 抗菌力は実証済み。本品の表面に黄色ブドウ球菌を接種して24時間後に菌数を計測したところ、99%以上死滅していました(2019年7月5日、一財・ボーケン品質評価機構でテスト)。
 家庭用品の大手、岩谷マテリアル(1954年創業)製。
 本年度お届け分から、接着強度を高めた改良版となっています。

商品モニター 江上栄子さん(料理研究家)

 ゴムのまな板は重いと思い込んでいましたから、軽さに驚きました。85歳の私でも片手でラクに持ち上がります。
 それでモニターをお引き受けしたわけですが、刃当りは合格。よくある樹脂製まな板は包丁の刃がカツンと音を立てるのに対してこれはとても柔らかい。


千田佐智子さん(海老名市・60歳)

 下ごしらえするときの雑菌が気になって、以前は肉や魚を切るときは木のまな板の上に使い捨ての除菌シートを敷いていました。それでも黒ずんできたので、2年前にこれを申込みました。ごらんの通り、色移りも黒ずみもなし。軽いから使うたびに洗うのも苦になりません。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください