木と変わらない刃当りで、わずか630グラム。競合品の約半分の軽さ。

  • 抗菌まな板「かるきざみ」0この軽さ、片手でもラクラク持てる。画像を拡大
  • 抗菌まな板「かるきざみ」1内部にハニカム空間層を挟むことで、木のような刃当りと軽さを実現した。
    表面は粘りのあるエラストマー樹脂(合成ゴム)。内部の芯材はハチの巣のようなハニカム構造になっていて、上からかかる包丁の荷重を6方向に逃がすので、柔らかい刃当りが生れる。
    画像を拡大
  • 抗菌まな板「かるきざみ」2黄色ブドウ球菌を接種し、2時間後、5時間後を比較した(東亞合成製品研究所でテスト)。画像を拡大
  • 抗菌まな板「かるきざみ」3画像を拡大
  • 抗菌まな板「かるきざみ」0
  • 抗菌まな板「かるきざみ」1
  • 抗菌まな板「かるきざみ」2
  • 抗菌まな板「かるきざみ」3

岩谷マテリアル

抗菌まな板「かるきざみ」

サイズ幅38×奥行24cm×厚さ1.5cm
重さ約630g
材質表材:エラストマー樹脂(亜鉛系抗菌剤練り込み)
芯材:PP
耐熱温度100℃
お手入れ方法食洗機・乾燥機不可。
製造国日本

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料梱包材
表面材TPE、芯材PPTPE段ボール、ポリ袋(PE)
いまや刃当りが木製に近い樹脂製やゴム製のまな板は珍しくないが、解決できない課題がひとつだけ残っていた。「重い!」だ。この悩みを解消してしまった本品こそピカイチにふさわしい。

 まな板が軽いことのありがたさ。毎日取り出したり、持ち上げたりするごとに腕に負担を感じている読者はご想像できるだろう。
 本品はゴム製なのに、重さ630グラム。同厚同サイズの樹脂製やゴム製は1.1〜1.6キロあるから約半分の軽さ(編集部調べ)。肉を切ったあと、流しに運ぶのも苦にならない。
 写真でおわかりのように、内部の芯材がハニカム(蜂の巣)構造で空洞化されているため、厚みがあっても軽いのだ。
 ゴム製の重さに不満だったという江上料理学院院長、江上栄子さんに本品を試していただいたところ、「86歳の私でも左手でかんたんに持てますね。これだけ軽いと、お料理で大切な段取りがよくなります。肉を筋切りしたあと、まな板を流しに運んで洗うのもずいぶんラクになりますから」
 ハニカム構造は軽さだけではなく、やわらかな刃当りも生み出している。上から加わる包丁の力を、ハニカム構造の六角形が6方向に分散してくれるからだ。刃先がまな板に接したときのやわらかさは木製とほとんど変わらない。
 表層部に練り込まれた抗菌剤は、洗っても効力が落ちにくい亜鉛系。
 熱でゆがむことがあるので50℃以上のお湯でのつけ置きや食洗機、乾燥機は使用不可。
 家庭用品の大手、岩谷マテリアル(1954年創業)製。

「片手で持ち上げて切った野菜を鍋に投入。 これ、以前のまな板ではできなかったんです」

愛用歴2年 佐藤茂子さん(秋田市・73歳)

 以前使っていたゴム製は重くて……。片手では持てませんから、切った野菜を両手ですくってお鍋に入れていました。
 それがこのまな板だと、ヒョイと片手で持ち上げられるでしょう。ニンジンとタマネギを切ったら、まな板ごと持ってお鍋に投入。こんなちょっとしたことができるだけで、料理って楽しくなるんですね。
 刃当りにも満足です。硬いカボチャや大根を切っても、カツンカツンと刃が跳ね返ることなく、ちゃんと衝撃を吸収してくれます。おかげで晩ごはんをつくったあとに手首が痛くなることはなくなりました。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください