「わが家で焼肉」をふたたび。この煙ほぼゼロの画期的コンロなら、臭い残りを減らせる。

  • スモークレスグリル0
  • スモークレスグリル1
  • スモークレスグリル2
  • スモークレスグリル3

岩谷産業

スモークレスグリル

サイズ幅約31cm×高さ14cm×奥行約28cm、焼板直径約23cm
重さ約2.1kg
材質鋼板(粉体塗装)・アルミ・ABS
熱量900kcal/時
付属品焼肉用焼板1枚・タコ焼き用焼板1枚・焼板用把手
製造国日本

※イワタニ製カセットガス(別売)を使用してください。

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料梱包材
スチール、アルミアルミ(フッ素加工)ポリ袋、段ボール

「子どもたちが巣立ってから焼肉やらなくなったな」という夫婦2人暮しにぴったりの焼肉用グリルだ。
 家で焼肉をするのが億劫な理由のひとつが、モクモクの煙。肉の脂を含んだ煙がカーテンやソファにしみついて臭いも部屋に残りやすくなるが、本器は画像3枚目のテスト写真のように煙が「ほぼゼロ」。
 しくみは焼板にある。肉の脂は250℃以上になると焦げて煙化するが、本器は焼板の下に熱を対流させる空間を設けることで焼板を210〜250℃に保っている。肉はこんがりおいしく焼けるが脂は焦げないから、室内が煙でモクモクにならないのだ。
 カセットガスの元祖、岩谷産業(1930年創業)製。カセット式のガス火(900キロカロリー)なので、焼板の温まりも早い。焼板は夫婦2人分の焼肉にちょうどいい直径約23センチ。

高橋万里子さん(秋田市・67歳)

 家での焼肉は20年ぶりでした。大げさな吸煙ファンがついているわけでもないのに、煙、本当に出ませんね。脂の多い鶏モモを皮目からのせても、ジュッと音はたつけれど、煙は焼板の表面でゆらゆらするだけ。塩麹につけこんだ肉も焼きましたが、麹が焦げて少し煙が出るくらい。部屋の臭いも翌朝は気にならないくらいでした。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください