夫婦2人分の煮込み料理をおいしくつくるなら、火がじんわり伝わる「まるごと5層」のミニ鍋が正解。

  • ビタクラフト・ミニ0
  • ビタクラフト・ミニ1
  • ビタクラフト・ミニ2
  • ビタクラフト・ミニ3
  • ビタクラフト・ミニ4
ソテーパン直径16×高さ4.4cm、幅(把手含む)25cm、容量0.8L、重さ0.55kg
浅鍋直径16×高さ6.7cm、幅(把手含む)25cm、容量1.2L、重さ0.63kg
深鍋直径16×高さ9.2cm、幅(把手含む)25cm、容量1.8L、重さ0.75kg
材質ステンレス、アルミ
付属品クッキングブック
製造国ベトナム

※電磁調理器対応。食洗機使用不可。

 少人数家庭が増えてきたからでしょうか。最近、ステンレス多層鍋も小型のものがぞくぞく開発されています。中でもピカイチは本品です。
 最大の特長は、競合品に多い「底だけ3層や5層」でなく「底も側面もまるごと5層」であること。5層の上下は保温力にすぐれたステンレス。そのステンレスにサンドイッチされた芯部は熱伝導率の高い3層のアルミ合金。合わせて5層を一体成形しているので、トロ火でも十分火がまわります。
 つまり、ノンオイル料理、無水料理はお手のもの。鮭の切り身も豚肉も鶏肉も素材の脂だけで弱火でしっとりおいしく焼けます。新陳代謝が落ちて太りやすくなった中高年世代にはとくに好評です。
 小型なので、まるごと5層構造でも重くないところも人気です。棚から出すのも料理中に鍋を揺するのも洗うのもラク。料理が余ったら冷蔵庫にそのまましまって翌朝そのまま火にかけて温め直せます。
 入れ子式でしまえる深鍋、浅鍋、ソテーパンのセット。この3点で、煮物、焼き物、炒め物、揚げ物、蒸し物とほぼ万能に使えます。お米を炊くのも得意だから、お昼にご飯がちょっと足りないというときも便利。1合で加熱8分、蒸らし10分でふっくら炊き上がります。3サイズ共有のフタ1枚つき。
 メーカーのビタクラフトは1939年にシアトル大学とウィスコンシン大学の研究者たちが共同で創業した調理器メーカー。当時から鍋まるごとの多層鍋をつくっていた多層鍋界の大御所です。ちなみに、異質の金属を高温と圧力で一体成形させる技術は1939年に当時のNACAアメリカ国家航空局(NASAの前身)が開発したもの。
 10年間の無料修理つき。これがビタクラフトの自信の表れです。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動