レンジフード掃除が重労働の高齢者世代におすすめ。燃えない紙製の使い捨て型。

  • レンジフード用不燃フィルター「エコシア」0
  • レンジフード用不燃フィルター「エコシア」1
  • レンジフード用不燃フィルター「エコシア」2
  • レンジフード用不燃フィルター「エコシア」3
  • レンジフード用不燃フィルター「エコシア」4
サイズ1枚/幅34.2×奥行29.7×厚さ0.8cm
重さ約45g
材質ケイ酸マグネシウム、パルプ、アルミはく
製造国日本
 一見、金属フィルターのように見えるが、本品は不燃紙のフィルター。レンジフードについている金属フィルターに替わる、使い捨てのフィルターだ。ネジも磁石も不要なので、取りつけも取りはずしもラク。

 深型タイプのレンジフード(イラスト参照)にはもともと金属フィルターがついているが、これをレンジフードから取りはずしてゴシゴシ油を落とすのは、とくに高齢者世代には苦役。
 カタログハウスは極力、「短期使い捨て商品」は扱わない主義を通しているが、例外はあって、この不燃紙フィルターもその一つ。
 お宅のレンジフードについている金属フィルターを取りはずして本品に替える。替えるといっても、ネジや磁石は不要。深型レンジフードの溝にはめるだけ。重さも約45グラムしかないからラク。
 油煙を浴びてベトベトになったら、はずしてポイ捨て。新しい本品に取り替える。交換の目安は約4ヵ月に1回。1枚900円だから2枚使うお宅だと4ヵ月に1800円。でも金属フィルター掃除を家事代行サービスに頼んだら、とてもこの金額ではすまない。
 本品はケイ酸マグネシウムにパルプを混ぜた“燃えない紙”。それにアルミはくを貼ってあるので、さらに“燃えない”。国土交通省から2013年に「不燃材料」に認定されている。
 メーカーテストでは、本品使用時のレンジフードの油吸着率は金属フィルターと同等の約80%。国内のレンジフードのシェアでトップクラスの富士工業製。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動