週刊通販生活トップページ   >  リサ・ラーソン 益子焼の皿 3枚組

カタログハウスの公式通販サイト

あのリサ・ラーソンの動物たちが益子焼のお皿に。

リサ・ラーソンファンの読者なら、リサさんと益子焼とのつながりに膝を打ったはず。なにせリサさんは、1970年の大阪万博の際に人間国宝の濱田庄司さんに学ぶべく、わざわざ栃木県の益子へ足を運んだほどの益子焼びいきなのです。

通販生活コレクション

猫のマイキーと仲間たちをあなたの食卓へ招待してください。

 スウェーデンで60年以上にわたって陶製のオブジェや陶板といった芸術作品をつくってきたリサさんが、日本の伝統工芸品を手がけるようになったのは、東日本大震災がきっかけでした。「大好きな日本の物づくりの現場を元気づけたい」というリサさんの発案で、日本各地の産地との共同作品づくりがスタートしたのです。

 最新作の本品は、濱田さんとの出会い以来、リサさんがいつか手がけたいと夢見てきた益子焼。元治元年(1864年)創業の名窯「つかもと」の職人さんたちが手描きしたアメ色の輪の中に、リサさんの代表作である動物たちがにぎやかに集っています。

猫のマイキー……「ずっと猫に恋している」とおっしゃる大の猫好きリサさんの絵本から生まれたミステリアスなオス猫。いたずらっ子でクール、それでいて女の子好き。

ハリネズミ……3匹のハリネズミはリサさんのお子さんがモデル。しっかり者のイギー(長男)、おしゃれなパンキー(次男)、好奇心旺盛なピギー(長女)がどの子か、ぜひ当ててみてください。

ライオン……いかにもリサさんらしい丸っこくてぽってりした曲線が魅力的。百獣の王らしからぬ愛嬌たっぷりの座り姿は、スウェーデン本国でも永く愛されています。

 サイズは5.5寸(約17.5センチ)。パンやマフィンを載せたり、おかずの取り皿にもぴったりです。

 3柄が1枚ずつの「3柄3枚組」と、猫ひと筋派読者向けの「マイキー3枚組」から選べます。

Lisa Larson ●1931年生まれ。スウェーデンを代表する陶芸作家の一人。作陶用のスケッチから誕生したイラストでも人気を集め、2014 年に東京で開いた展覧会には約7万人が来場した。

裏面にはリサさんのサインとマークが焼きつけてある。

商品のお申込み
遠赤ヒーター・セラフィ キャスターつき ※マウスを乗せると拡大します。
サイズ:
(約)直径17.5×高さ2cm
重さ:
280g
材質:
陶器(益子焼)
日本製
※電子レンジ・食洗機使用可。
●手づくり品のため、1枚ずつ風合いや色の濃淡が異なります。届くのが楽しみですね。
  • 日本製