週刊通販生活トップページ   >  キャッツ・エコ

「通販生活」公式通販サイト 毎週火曜日10:00更新

キャッツ・エコ ●独・レッテンマイヤー社

消臭力も固まり力も文句なしの植物原料100%でできた猫砂。捨てた分だけ足せばいいから経済的。

キャッツ・エコ イメージ キャッツ・エコ 商品画像

「1995年に発売されて以来、すぐれた消臭力と固まり力で猫好き読者から支持されている猫砂である。それもそのはずで、ドイツの商品テスト誌『エコテスト』では00年に「推奨評価」、10年に「最上級評価」を獲得するほど高く評価されている。

現在出回っている猫砂には大きく鉱物系(ベントナイト、シリカゲル、ゼオライトなどを使用)と植物系(パルプを使用)があるが、「鉱物系は自治体によっては不燃ゴミ扱いになるから困る」「植物系は可燃ゴミに出せるが消臭力が心配」と一長一短があった。

この両者の弱点を見事にクリアしたのがドイツの植物繊維加工メーカー、レッテンマイヤー社が開発した本品である。

本品は可燃ゴミに出せる植物系でありながら強力な消臭力がある。ドイツの専門機関であるフレゼニウス化学生物研究所の人工尿テストでは消臭率99.98%という結果が出ている。

この消臭力を生んでいるのが木材チップ(トウヒとモミ)のフィトンチッド。排泄物の悪臭を分解・中和する。さらに、植物胚芽からつくった凝固剤が団子のようにギュッと固めることで、臭いを封じ込めてくれる。

最近では、掃除の手間が週に1回ですむ2層式のシートタイプも人気だが、消臭力で選べば本品がおすすめだ。オシッコで固まった部分だけを取りのぞいて、捨てた分の砂を足せばいいので、掃除の手間も苦にはならないはずだ。

1袋2.2キロ入りの8袋組。深さ5センチほど敷き詰めて使う。猫1匹当たり1袋で約1ヵ月もつ。

短所は猫の足裏にくっついて周囲に散りやすいこと。

定期お届けなら5%お得で送料無料。猫砂が切れて買い出しに行くたびに重くて苦労している中高年読者はぜひご利用ください。

植物素材なので、固まった部分は燃えるゴミとして捨てられる。

しっかり固まってくれるから、直接ゴミ箱に捨てても臭いにくい(スコップは付属しません)。 人工尿の消臭テストで99.98%の消臭効果が実証。

「猫砂だけでは無理だろうと思っていたのに、あの〝ツン〟が本当に消えました」

谷村志穂さん 作家・使用歴3年

2年前に取材を受けたときは、昨年逝ったチャイとミーミーの2匹暮しでした。腎臓を病んでいたチャイは当時19歳。毎日驚くほど水を飲んで排尿し、人工透析の代わりをしていたのでしょう。最期まで自力でトイレに立とうとしていた姿を思い出すと、偉かったねえと褒めてやりたい一方で、尿の世話に心を砕いた日々も思い出されます。

長く使ってきた木材チップと紙マットの2層式のトイレは、マットがすぐにふやけて重くなり、交換時につかむのも一苦労。夏は特に臭ってきます。それで、半信半疑で砂だけで固まるこれに切り替えたのですが、あのイヤなツンが本当に消えてしまった。水気をたっぷり吸ってよく固まってくれるから、砂もさらさら。

チャイの真似ばかりしていたミーミーもこの砂がお気に入り。かわいい手でうれしそうに掻いていますよ。

谷村志穂さん

たにむら・しほ●『チャイとミーミー』(河出書房新社)は愛猫家読者におすすめの一冊。近著に『大沼ワルツ』(小学館)。

商品のお申込み
キャッツ・エコ ※マウスを乗せると拡大します。
内容量:
重さ約2.2kg× 8袋
原材料:
モミ・トウヒ・凝固剤(植物系)
ドイツ製