新型コロナの感染拡大に比例して売上げが伸びる商品を「新型コロナ関連商品」と名づけ、WHOが世界的な感染大流行の終息を宣言する日まで、その売上げの5%を途上国の医療支援に取り組んでいる「国境なき医師団」(1971年設立)に寄付してまいります。


国境なき医師団では、WHOが新型コロナパンデミックを宣言する前の20年の1月より、
世界各地で緊急人道医療援助活動を次のように展開しています。

  1. 保健当局を支援し、新型コロナウイルス感染症患者の治療に関わる公的機関(地方自治体、保健省、保健所など)や主要医療機関と連携し、医療援助を提供する。
  2. 弱い立場に置かれ健康リスクの高い人びとへの援助医療や衛生面で脆弱な環境で暮らす難民・避難民や庇護希望者など、感染や重症化リスクの高い人びとを支える。

(国境なき医師団ウェブサイトより)

「国境なき医師団」が新型コロナ緊急医療支援活動をおこなっている中東とアフリカの国。

医療が欠乏しているアフリカと中東での活動は、国境なき医師団の活動全体の75%を占めます(2019年実績)。なお、新型コロナ緊急医療支援活動は、日本を含む5アジア、欧州、北米、中南米でも行っています。

「新型コロナ関連商品」の売上げ5%分は、毎月末に締め切って、翌月に「国境なき医師団日本」に振り込みます。支援活動地域や用途は、「国境なき医師団日本」に一任します。
 読者の方々には、今後の通販生活で寄付実績をご報告してまいります。

国境なき医師団とは。

民間で非営利の医療・人道援助団体です。紛争地や自然災害の被災地、貧困地域などで危機に瀕する人びとに、独立・中立・公平な立場で緊急医療援助を届けています。
現在、世界約70の国と地域で4万5000人のスタッフが活動中(2019年実績)。1971年にフランスで設立され、1992年には日本事務局が発足しました。

寄付実績(2021年8月31日まで)

4月分 5,605,856円
5月分 4,948,350円
6月分 2,380,806円
7月分 2,248,563円
8月分 2,279,395円
合計 17,462,970円

新型コロナ関連商品