安奈淳さんが着るソフトシックの夏ぎぬ。

「重たい服、窮屈な服が苦手になったいま、
私のこだわりはただひとつ。
自分が着ていて気持ちがいいこと」

安奈 淳さん

“気持ちがいい服”といっても、単にラクという意味ではありません。ストレスなく着られるのはもちろん、だらしなく見えない、自分の存在が上がる服を選ぶこと。着るものは、大きく言うと人生そのものを表しますから。


あんな・じゅん●元宝塚歌劇団トップスター。膠原病で療養後、60代で歌手に復帰。近著は『70過ぎたら生き方もファッションもシンプルなほど輝けると知った』(主婦の友社)。日々を綴ったインスタグラムで人気を集めている。

安奈さんが着こなす夏コーデ。

「夏のワンピースはゆったりがいちばん。生地にハリがあれば、だらしなく見えないし、体を美しく包み込んでくれます」

チェックワンピース

「スタンド襟がいい表情。風が抜けるゆったりブラウスと、しなやかパンツの組合せ、すごく好きです」

オアカラーブラウス

チューブカットパンツ

「スタンド襟がいい表情。風が抜けるゆったりブラウスと、しなやかパンツの組合せ、すごく好きです」

オアカラーブラウス

チューブカットパンツ

「このガーゼ、軽くてやわらかで最高。ラクなままシックに装うコツは、小物でひき締めること」

ダブルガーゼのセットアップ

「カットソーもパンツもすごく着やすい。体に窮屈を感じさせないように、空間を計算しつくしてあるのね」

フレアカットソー

サッカーパンツ

「カットソーもパンツもすごく着やすい。体に窮屈を感じさせないように、空間を計算しつくしてあるのね」

フレアカットソー

サッカーパンツ