食識を広げる季刊誌 益軒さん 2022年盛夏号

益軒さんについて

ご購入者プレゼント

京都「たち吉」の豆皿【限定1万枚】

1回のお申込み金額の合計が12,000円(税込、送料含まず)を超えたときに1枚差し上げます。商品を申込むときに、(イ)(ロ)(ハ)から1点選んでください。
頒布会商品は、第1回お届けの金額で計算します。

京都に創業し、今年270周年を迎える陶磁器の老舗企業「たち吉」。夏の風物詩を施した食卓の名脇役となる愛らしい豆皿です(すべて日本製です)。
●プレゼント品は商品とは別便でお届けします。3種とも限定1万枚なので品切れの際は他のお皿または代替品をお届けします。

餃子の街の元祖の味。

ご当地餃子の元祖の味を食べつくす。

グルメを納得させるレトルトカレー。

お得意とするジャンルからまず、おすすめ3種を挙げていただいて、その中から絶対に自信のあるイチ押しを選んでいただきました。

残暑をハネ返す「スタミナ食」。

「メイド・イン・沖縄」の元気食。

元気をつくる「乳酸菌補給食」。

これはおいしい、骨ごとペロリ魚。

私の大好物。

名人の旨い物を毎月お届けします。

2022年9月スタート、益軒さんのおいしい頒布会。

お申込み〆切は8月31日。

浜内千波の「養生レシピ」。

浜内さんお得意の時短レシピをつくっていただきました。詳細レシピは商品に同封してお届けします。

追加注文の多い料理店。

食品の人気を測るものさしは、「おかわり」の多さです。前号(春号)でおかわりが多かったのはこの7点でした。

おいしく食べて体重2キロ減をめざす。

人工的な甘味料ゼロ、できるだけ自然の食品でつくった「おいしいダイエット食」。

編集部おすすめの逸品

困窮しているひとり親世帯へ食料を届けるカンパにご協力ください。

困窮しているひとり親世帯へ食料を届けるカンパにご協力ください。


益軒さんについて

「益軒さん(えっけんさん)」は、江戸時代の本草学者で「養生訓」を著した貝原益軒さんのお名前に由来します。

  1. 「益軒さん」は栄養価の高い「養生食品」を選んで掲載しています。でもそれだけだと肩がこるので、「栄養価は他と変わらないけれど、とびきりおいしい食品」も載っています。
  2. 「益軒さん」はできるだけ、「食品添加物」を使っていない食品を選んで載せています。ただし、「製造上どうしても使用不欠な添加物」については、全添加物を表示しています。 ラーメンにおける「かんすい」や豆腐における「にがり」などが該当しますが、保存料などが添加されているケースもあります。

「益軒さん」の頒布会は、いつでも好きなときにキャンセルや休止ができます。(商品に同封するハガキで手続きできます)

  1. 養生頒布会

    長く食べ続けることで、体の元気をつくっていく食品なので、同じ食品を6ヵ月(『元祖もろみ酢』は13ヵ月)、おトクな価格でお届けします。お口に合うかどうか、続けられるかどうかを試していただくために「第1回目のお届け」は、50%引きにしてあります。

  2. 旨い物頒布会

    4〜6ヵ月間、毎月異なるおいしい食品をお届けするエンタメ型頒布会です

おかわり(追加注文)するときにネットで申込んでいただくと「10%割引価格」になります。

ただし、養生頒布会(第1回目は割引価格)と旨い物頒布会(毎月違う商品が届きます)は、おかわり割引の対象外です。おかわり割引の適用期限は22年9月30日(金)のお申込みまで。