「日米安保条約は継続がいい、でも、米軍基地は沖縄にお願いね」では、沖縄県民に申し訳が立ちません。

「九条を考えること」は
日米安保条約を考えること。 日米安保条約を考えることは、 米軍基地の7割が集中するために しじゅう騒音トラブルやヘリコプター事故、 米兵犯罪や環境破壊の被害を被っている
「沖縄県の苦しみを考えること」

こちらの対談で稲嶺進さん(前名護市長)は訴えた
●日米地位協定の改定
●辺野古基地の建設反対
●米軍基地の本土への引き取り
改憲派にとっても護憲派にとっても、九条改正国民投票で一票を投じる際に欠かせない判断条件だと思うのですが、読者の皆さんはどうお考えですか。

沖縄、私はこう考える

伊勢﨑賢治さん(東京外国語大学大学院教授 平和構築・紛争予防講座)

半田 滋さん(東京新聞論説兼編集委員)

飯島 信さん(「沖縄の基地を引き取る会・東京」運営委員長)

facebook

twitter

LINEで送る