シビリアン・コントロールを、自衛隊は本心から受け入れるのだろうか。

今回のテーマはシビリアン・コントロール(文民統制)。
2018年4月16日に発生した自衛隊幹部による国会議員への暴言事件に由来する特集です。
4人の専門家のご意見を読んで、本誌は大変ショックを受けました。私たち国民は「自衛隊のあり方」について、常に関心を寄せていないといけないのだと痛感しました。読者の皆さんはどんな感想を持ちましたか。

(ご意見掲載順は五十音順)

シビリアン・コントロール、私はこう考える

五百旗頭 真さん(兵庫県立大学理事長、元防衛大学校長)

井筒高雄さん(元陸上自衛隊員、「ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン」代表)

纐纈 厚さん(明治大学特任教授(研究・知財戦略機構))

半田 滋さん(東京新聞論説兼編集委員)

シビリアン・コントロールを、自衛隊は本心から受け入れるのだろうか。

facebook

twitter

LINEで送る