人気家電評論家が選ぶ 最新四大家電~テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン 私のオススメはコレ!

人気家電評論家が選ぶ 最新四大家電~テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン 私のオススメはコレ!

18年12月1日に「新4K8K衛星放送」がスタートしたテレビをはじめ、『通販生活』では販売しない大型家電の情報も知りたい。そんな読者のために、辛口で知られる家電評論家4人のお眼鏡にかなった商品を紹介してもらいます。

撮影/富本真之
取材・文/鈴木豪介、東野由美子
撮影協力/ヨドバシカメラ新宿西口本店

「新4K8K衛星放送」は「地上波放送」とは別モノです。対応テレビだけでは見られません。折原一也 さん
折原一也 さん(オーディオ・ビジュアルライター)

おりはら・かずや/専門誌やモノ雑誌で活躍。2009年より国内最大級のオーディオビジュアルアワード「VGP(ビジュアルグランプリ)」審査員を務める。

 18年12月からいよいよ新4K8K衛星放送が始まりました。でも正直なところ、「新4K8K衛星放送ってなに?」という方も多いですよね。
 従来の衛星放送で最高画質だったのが「フルHD(ハイビジョン)」と呼ばれるものですが、それに対して解像度を縦2倍×横2倍に細密化したのが4K、解像度が縦4倍×横4倍もの高精細な映像になったのが8Kです。
 こうした高解像度をフルに生かした放送が、新4K8K衛星放送です。一説によると人間の眼が認識できる解像度は4Kから8Kの間と言われているので、8Kテレビの映像は、肉眼より高解像度と考えていいかもしれません。だから8K映像は、平面なのに奥行きが感じられ立体的に見えるのです。
 ただ、新4K8K衛星放送は、私たちが普段よく見ている地上波放送とはまったく別モノ。だから視聴するにも、それなりの設備が必要です。
 まずは4K・8Kに対応するテレビ本体はもちろん、4K・8K対応チューナーがテレビに内蔵されていない場合は「外付けチューナー」がなければ始まりません。

つづきを読む

新4K8K衛星放送を見るにはこれだけ必要。

 現在の放送波を使う「NHK BS4K」「BS朝日4K」など6局は、従来の衛星放送のアンテナで受信することができますが、「スカパー!」や「WOWOW」(20年12月~)などの4K放送や「NHK BS8K」の8K放送を見るためには、新しい放送波に対応したアンテナも必要なのです(上図参照)。
 また、ケーブルなども換えなければいけない場合があり、アンテナ設置や配線変更を気軽にできない集合住宅で視聴環境を整えるのは、なかなかハードルが高いですね。
 もし、お住まいの地域でケーブルテレビ局が新4K8K衛星放送の再配信を行なっているならば、ケーブルテレビと契約することで、4K・8Kに対応したテレビだけで新4K8K衛星放送を楽しむことができます。

4Kテレビで楽しめるのは衛星放送だけじゃありません。

 NHKは、新4K8K衛星放送専用のチャンネルを新設して、「NHK BS4K」は朝6時~夜12時まで、「NHK BS8K」は朝10時~夜10時10分まで放送しています。
 4Kでは、大河ドラマやBS時代劇、紀行番組や教養・ドキュメンタリー番組以外に、黒澤明や小津安二郎、溝口健二の過去の名作映画を4Kに復元するプロジェクトも進んでいます。
 その他の民放各局は、基本的にこれまでのBS放送を主体としつつ、スポーツや旅番組などで、4Kで制作したものがプラスされる予定です。
 4Kテレビで楽しめる番組は、新4K衛星放送だけではありません。「Ultra HDブルーレイ」という、記憶容量が大容量化した新たな規格のブルーレイディスクは4K対応ですし、「Netflix」や「Amazon Primeビデオ」といったインターネット映像配信サービスも続々と4Kの番組配信を始めています。4K画質で映画などを楽しみたい方にとっては、視聴環境は充実していると言えます。
 一方で、8Kは世界の中でも日本のNHKが先行して実用化したもので、現状では「NHK BS8K」でしか見ることができません。世界的に見てもようやく4K衛星放送がスタートした国が多く、インターネット映像配信サービスが8Kに対応する具体的な見通しもまだありません。8Kテレビを発売しているのも国内ではシャープ1社で、他のメーカーはまだ先になるでしょう。
 それでも、2020年の東京オリンピックは8Kで中継される予定ですし、現在も宝塚歌劇の公演や音楽ライブなどを中心に放送しています。さらに、NHKがこれまで地上波やBSで放映した番組のなかには、8Kカメラで撮影したものも数多くあります。それらを改めて8Kの高解像度映像として放送することも期待されます。
 当然、8Kテレビで4Kの放送や番組を見ることはできますし、東京オリンピックを機に普及も進むでしょうから、8Kの映像美をいち早く体感したい方は買っても損はないと思います。
 余談ですが、DVDやブルーレイなどの光ディスクはシェアが縮小しており、4Kまでは対応しましたが8Kは難しいでしょう。今後、インターネット回線がさらに高速化するので、映画などのレンタルもネット配信が主流になっていきます。今回オススメしたテレビの中にも、インターネットに繋ぐだけで映像配信サービスが楽しめる機種があるので参考にしてみてください。

映画鑑賞がメインならば有機ELテレビが最右翼。

 海外メーカーや大手量販店のプライベートブランドで4K対応を謳うテレビの中には、5万円程度の安い機種もあるのですが、多くは4Kチューナーが内蔵されておらず、別途「外付けチューナー」を買う必要があるので要注意です。
 さらに、「映像エンジン」と呼ばれる映像処理を担う部分の完成度において、日本メーカーの技術力はまだまだ群を抜いています。安価な4K対応テレビと比較しても、国内メーカーの機種は確実に値段の差以上の性能差があると言えるでしょう。せっかくの新4K8K衛星放送ですから、解像度だけが対応しているのではもったいない。画質を始めとする性能面にもこだわりたいところです。
 今、家電量販店の店頭に並んでいるテレビの多くは、「液晶テレビ」ですが、もう1つ「有機EL」という方式を採用しているものもあります。液晶テレビと有機ELテレビには大きな違いがあって、液晶は裏側からバックライトで液晶画面全体を照らしているのに対し、有機ELは画素1つ1つが発光して画面を作り出す仕組みです。
 液晶テレビの画質もここ数年向上していますが、画面全体が常に発光するので、黒も漆黒ではなく少し明るい黒になってしまう。それに対し有機ELは色の再現性が高く、特に黒が締まって見えるので、映画鑑賞をメインに考える方にとっては最右翼に上がるでしょう。ただ、有機ELテレビは液晶テレビに比べて高価なので、コストを重視する場合は弱点になります。
 ご高齢の方のなかには、テレビと周辺機器の接続がわからない方も多いと思います。テレビ背後の配線が多くゴチャゴチャするのもイヤですよね。
 そういう方には、4Kチューナーに加えてハードディスクレコーダーやDVDプレーヤーが一体化した「オールインワンタイプ」がオススメです。それぞれが取り外し可能なユニットになっており、故障の際も該当部分だけを修理・交換するだけで済むのです。
 オールインワンタイプにはもう1つメリットがあって、リモコン1台で全ての機能が操作できます。地味な長所に思えるかもしれませんが、実際に使ってみると複数のリモコンを使い分ける生活には二度と戻れなくなるほど便利です。

 地上デジタル放送へ完全移行したのが、2011年7月。液晶テレビの買い替え周期はおよそ7年と言われています。新4K8K衛星放送も始まり、対応チューナーを内蔵するテレビを各社が発売した今は、買い替えの好機だと思います。ご自身のテレビとの接し方に合った1台をぜひ選んでいただきたいですね。

折原さんのオススメ 1

シャープ アクオス 8Kチューナー 内蔵液晶テレビ
8T-C60AX1(60インチ)801,600円(税込)
折原さんのオススメ1「シャープ アクオス 8Kチューナー 内蔵液晶テレビ」

世界初、8Kチューナー内蔵テレビ現在、8K対応チューナーを内蔵したテレビはこのシリーズのみ。ネックは大型テレビゆえの設置場所の問題と、8Kの番組がNHKのみと少ない点。最上位モデルの初物にしては安いとは言え高価な買い物になるので、8Kの映像美に魅力を感じるかが判断の分かれ目になりそうです。

折原さんのオススメ 2

東芝 レグザ 4K内蔵液晶テレビ
43M520X(43インチ)113,400円(税込)
折原さんのオススメ2「東芝 レグザ 4K内蔵液晶テレビ」

コストパフォーマンスに優れるなんと言っても抜群のコストパフォーマンスが売り。4K対応チューナーを内蔵していながら、実売価格が10万円前後というのは大きな魅力です。ただ、最上位機種と比較するとさすがに画質は「梅」クラスといったところ。特定の性能を求めるなら、他機種を選択する余地あり。

折原さんのオススメ 3

ソニー ブラビアR4K対応 X9000Fシリーズ
KJ-55X9000F(55インチ)198,770円(税込)
折原さんのオススメ3「ソニー ブラビアR4K対応 X9000Fシリーズ」

高画質で高機能なネット対応機インターネット配信の動画にも対応しており、リモコンに話しかけることで、お好みの番組を検索できます。液晶テレビの中では映像品質が頭一つ抜けており、画質は「松」クラス。ただ、4K対応チューナーを内蔵していないため、外付けチューナーが必要なのは残念なところ。

折原さんのオススメ 4

パナソニック ビエラ 4K有機EL ハイビジョンテレビ
TH-65FZ1000(65インチ)534,600円(税込)
折原さんのオススメ4「パナソニック ビエラ 4K有機EL ハイビジョンテレビ」

居間をホームシアターにしたいならテクニクスのエンジニア陣が開発した音響面のクオリティは特筆すべきポイントです。ただし4K対応チューナー非搭載なので、外付けチューナーが必要。また、「有機EL方式」を採用しているため、価格は少し割高。ホームシアター構築をメインに考える方向けの1台。

折原さんのオススメ 5

三菱電機 液晶テレビRAシリーズ4K対応
LCD-A50RA1000(50インチ)280,670円(税込)
折原さんのオススメ5「三菱電機 液晶テレビRAシリーズ4K」

4Kも録画もDVD再生もこれ1台4K対応チューナー、Ultra HD ブルーレイ対応、ハードディスクレコーダー、すべて搭載したオールインワンタイプ。面倒な機器接続から解放されるのは大きなメリットです。難点はリモコン操作時の反応が悪く、少しイライラするところ。この点はぜひ改善してほしい。

外付けチューナーの価格は?
「4Kチューナー」は、シャープ、東芝、パナソニック、ソニーなど各メーカーが発売しており3万円~6万円程度。シャープ1社のみの「8Kチューナー」は、約27万円と高額になっている。

※テレビ画像はイメージです。
※各商品の価格は、ヨドバシ・ドット・コムでの12月5日時点のものです。

「買いだめ」を前提としたチルドルームや野菜室の高機能化が進んでいます。石井和美さん(家電プロレビュアー)
石井和美さん(家電プロレビュアー)

いしい・かずみ/製品レビュー(評論)歴10年以上。一軒家のレビューハウス「家電ラボ」を開設し、一般家庭と同じ環境で家電製品の比較検証を行なう。

 東日本大震災後、エネルギー問題への関心の高まりを受けて、家電メーカー各社は本格的に省エネに取り組みました。その結果、現在の冷蔵庫は10年前のものと比較すると電気代が半分。1年間に約7千円~8千円まで下がっています。しかも、小型冷蔵庫より500リットルクラスの大型冷蔵庫のほうが省エネ率は高い傾向にあります。
 そんな省エネもここ数年で限界に近づいていますので、古い冷蔵庫をお使いの方は買い換えを検討するいいタイミング。各商品には「省エネ基準達成率」という表示があります。これが100%以上、あるいは五つ星表示になっていたら、省エネの観点では問題ないと思います。
 最近のトレンドとしては、「買いだめ」を前提として、大型化、そしてチルドルームや野菜室の差別化・高機能化に各社が力を入れています。
 例えば庫内に複数の温度帯がある冷蔵庫なら、数日で食べるものはマイナス3度の部屋、1週間ほどのものはマイナス7度の部屋といった感じに使い分けることで、食材の味を損ねることなく保存できます。
 パナソニックの微凍結パーシャル(マイナス2~3度)は冷凍保存(マイナス18度)と違いガチガチに凍らないので、保存した挽肉などを使う分量だけ取り分けることができて便利です。
 野菜室も各社が工夫を凝らしています。今回オススメする三菱電機は、日光のサイクルに合わせてLED照射の色を変化させ、野菜のビタミンCを増加させる機能が搭載されています。よく使う野菜室を使いやすい中段に配置したのも最近のトレンドですね。

故障する前に商品の目星をつけておくことが重要です。

 冷蔵庫は永く使う商品なので、故障以外の買い換えに抵抗がある方も多いと思います。でも、いざ故障してしまうとじっくりと考えて選ぶ時間はありません。10年以上使っているならば、故障する前に自分の生活にあった商品の目星をつけておくといいと思います。
また、ひと昔前からずいぶんと高機能化しているので、店員から使い方を教えてもらうのもオススメです。
 私の知り合いに300リットルの冷蔵庫を買ったものの容量が足りず、もう1台購入したという人がいます。この容量で十分と思っても足りないのが冷蔵庫。これ! と思ったワンサイズ上を選ぶと間違いがないと思います。

石井さんのオススメ 1

三菱電機 MXシリーズ
MR-MX57D(572リットル)274,510円(税込)
石井さんのオススメ1「三菱電機 MXシリーズ」

複数の温度帯で美味しさ長持ち庫内が複数の温度帯に分かれていて、食材ごとに最適な保管ができます。野菜室が真ん中にあるのは使いやすいのですが、その分庫内の棚の位置が上がり、一番上の棚が見づらく手が届きにくいのが難点。メーカーの担当者に改善要望を伝えています。

石井さんのオススメ 2

パナソニック パーシャル搭載冷蔵庫
NR-JD5103V(505リットル)231,580円(税込)
石井さんのオススメ2「パナソニック パーシャル搭載冷蔵庫」

背の低い女性にも使いやすい冷蔵庫の背が低く、上の棚の視認性もいいので、背が低い高齢女性にも使いやすい。チルドルームがマイナス3℃の微凍結パーシャルに切り替えられるのも便利です。シンプルでスタンダードな機種だけに、最新機能という点では見劣りするかもしれません。

石井さんのオススメ 3

ツインバード 3ドア冷凍冷蔵
HR-E919PW(199リットル)83,760円(税込)
石井さんのオススメ3「ツインバード 3ドア冷凍冷蔵」

中段が、冷蔵・野菜室・氷点に切り替え可能元々業務用の冷蔵庫なども手がけていたメーカーが家庭向け商品を開発。廉価ですが高性能です。中段ルームが野菜室・冷蔵・氷点に切り替えられるので、199リットルの小型機ながら容量を有効に使うことができそう。

気象状況や入院・介護を考えると、「乾燥機能」は必須になっています。戸井田園子さん(家電コーディネーター)
戸井田園子さん(家電コーディネーター)

といだ・そのこ/ウェブサイト「オールアバウト」家電ガイド。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の家電コーディネートも担当した。

 ここ数年、乾燥機能付きの洗濯機のニーズがより高まっていると感じます。大きな理由は、日本の気象状況が変わってきているから。PM2・5や黄砂といった大気汚染の影響や、真夏のゲリラ豪雨。さらに1月、2月からは花粉が飛び始めるので、今の日本で洗濯物を気持ちよく外に干せるのは、せいぜい2、3ヵ月です。
 洗濯機には大きく分けて「縦型」と「ドラム式」があります。洗濯に関しては、汗などの汚れの落ちに差はありませんが、泥汚れや介護に伴うにおい、ペット臭がよく落ちるのは縦型です。たくさんの水で撹拌させて洗うことができますから。永く縦型を使ってきた方には、洗濯のスタイルは大きく変わらないし、外干しができないリスクを回避することもできるので、縦型で乾燥機能付きのものをオススメします。
 乾燥についてはドラム式のほうが効率がいいです。また、節水の観点では水を多く使う縦型よりドラム式のほうが優れています。
 ランニングコストを見ると、洗濯の水道代はあまり金額の差は出ませんが、乾燥の電気代は差が大きくなります。ドラム式のエコタイプだと1回の乾燥電気代が約20円、縦型はエコタイプがなく約60円かかります。ご自分がどれくらい乾燥機能を使うか考えて、どちらのタイプが良いかを選ぶ必要があります。たとえば、長雨が1週間ぐらい続いたときに使う以外、乾燥は使わない方は、縦型の乾燥機能付きで十分だと思います。

干す時間や手間を省き自分の好きなことをする。

「乾燥機能は必要ない」「天日干しが一番」と考える読者も多いと思いますが、買い替えの際は乾燥機能は必須だと考えていただきたいです。
 たとえば入院や介護などで、急に洗濯を頻繁にしなければならない状況はやってきます。また、年齢を重ねると、バスタオルやシーツなど大きな洗濯物を干すときに手が上がらないことがあるという話もよく聞きます。
 今の乾燥機能付き洗濯機は、ボタンを押したら乾燥まで全部やってくれて、洗濯物を干す手間も省けます。そこで生まれた時間を、ご自分の好きなことに使っていただきたいんです。家族やお友だちと過ごす時間を増やすことができれば、生活はもっと豊かになるのではないでしょうか。

戸井田さんのオススメ 1

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム
BD-SX110CL(11キロ)350,700円(税込)
戸井田さんのオススメ1「日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム」

全部おまかせの最先端ドラム式液体洗剤と柔軟剤の詰め替えボトルがまるごと1本分入り、洗濯量や素材に応じて適量を投入。乾燥機能の風圧が強く、シワがつきにくいのもオススメです。15分ほどでシャツの折りジワを伸ばしてくれるスチームアイロン機能も重宝します。

戸井田さんのオススメ 2

シャープ 縦型洗濯乾燥機
ES-PX8C(8キロ)137,910円(税込)
戸井田さんのオススメ2「シャープ 縦型洗濯乾燥機」

夫婦2人でこまめに洗濯するなら穴なしの洗濯槽が特徴です。節水や黒カビの防止だけでなく、ふたの裏にハンガーを吊るして乾燥させる機能でも温風が漏れにくくなっています。投入口が大きく洗濯物も取り出しやすい。乾燥の電気代はドラム式より高めですが…。

戸井田さんのオススメ 3

アクア 全自動洗濯機
AQW-GV80G(8キロ)68,990円(税込)
戸井田さんのオススメ3「アクア 全自動洗濯機」

それでも天日干しがメインの方にふたがガラス製で中がよく見えるので、洗濯の様子を確認したい方には安心感があります。必要最小限のスタンダードな機能が網羅されていて価格が安い。乾燥機能はないので、室内干しのときは、除湿機や浴室乾燥で補うことになります。

「自動清掃」や「自動快適」の最新機能が、より楽に快適な空間をつくってくれます。多賀一晃さん(生活家電ドットコム主宰)
多賀一晃さん(生活家電ドットコム主宰)

たが・かずあき/大手メーカーにて商品開発・企画を担当後、独立。白物家電を中心とした情報を、ウェブサイト「生活家電.com」で発信している。

 「エアコンは電気代が高い」と考える読者はまだまだ多いと思いますが、メーカーは永年、開発する労力の多くを省エネ化に費やしてきました。20年前と比べると、エアコンの電気代は実に約4割安くなっています。
 熱中症が心配な高齢者や室内でペットを飼っている方には、真夏に24時間連続使用することもオススメできるレベルまで進化しました。しかし、ここ数年、省エネ技術は大きな進展がないのも事実です。
 省エネの次にメーカーが力を入れたのが、エアコン内部の「自動清掃機能」。フィルターの清掃をはじめ、凍結洗浄やイオンを使ったり、自社の得意技を投入してしのぎを削っています。
 そしてもう1つのトレンドは「自動快適機能」です。人の体感温度をサーモグラフィーで検知するのですが、数人でも識別が可能。各自の体感温度の変化を把握し、気流や湿度を調整してより快適に過ごす機能です。

いい眠りのためには寝室の空調も大切です。

 現在販売されているエアコンは、①最新機能を搭載したトップ商品、②夏にクーラーとして使えればいい量産品、③両者の中間タイプの3つに分かれています。割合を見ると、①が10%、②が70%、③が20%と、②が圧倒的に多いのが現実です。
 実は量販店にとっては、②のエアコンが売れるかどうかがとても大事です。夏の時期はお店も混みますし、機能ではなく設置する部屋の広さと予算だけで商品を勧める傾向があります。
 買う側も、暑いので妥協しがちです。しかし、「自動清掃」や「自動快適」の最新機能があると、より楽に快適に過ごせるのです。
 シニアの方にとっては、寝室の空調も非常に大切です。いい眠りのためには、空気中のホコリやカビ、花粉などの浮遊物にも気をつけないと、体に負担がかかります。除湿や空気清浄の機能にすぐれたエアコンは、いい眠りや健康のためにも効果的です。
 エアコンの新商品は10月頃に出そろいます。情報を集めて検討し、夏前の駆け込み需要を避けて購入するのがオススメです。

多賀さんのオススメ 1

ダイキン うるさら7Rシリーズ
AN40WRP(14畳)311,040円(税込)
多賀さんのオススメ1「ダイキン うるさら7Rシリーズ」

部屋の湿度を一定に保ってくれる湿度を調整できる点がオススメです。冷房の設定温度が28℃でも、除湿によって体感温度を2~3度下げられるので、省エネと快適さが両立できます。暖房では、加湿によって体感温度を上げることができ、お肌にもやさしいです。

多賀さんのオススメ 2

三菱電機 霧ヶ峰 Zシリーズ
MSZ-ZW4019S(14畳)300,240円(税込)
多賀さんのオススメ2「三菱電機 霧ヶ峰 Zシリーズ」

暑がりでも寒がりでも快適に高感度赤外線センサーを活用し、1人ひとりに違う温度の空気を提供できます。このため同じ部屋にいても人ごとに最適な温度で過ごせます。ムーブアイのセンサー技術でずっと頑張ってきたメーカーの努力が結実した1台。

戸井田さんのオススメ 3

日立 白くまくん Xシリーズ
RAS-X25J(8畳)278,630円(税込)
多賀さんのオススメ3「日立 白くまくん Xシリーズ」

凍結洗浄でカビ・汚れに強い運転停止した後、室温が上昇すると設定温度を抑えて再運転する機能があり、寝室用にオススメ。内部を自動で凍結洗浄できるので、カビ・汚れに強いです。洗浄時間の設定ができるので、眠りをさまたげることもありません。
製造:日立ジョンソンコントロール空調株式会社

※各商品の価格は、ヨドバシ・ドット・コムでの2018年12月5日時点のものです。

facebook

twitter

LINEで送る