『自撮りのキミちゃん』でおなじみ西本喜美子先生のおもしろ自撮り教室

西本先生のプロフィール

西本喜美子先生のプロフィール

にしもと・きみこ◎1928年(昭和3年)生まれ。72歳の時に写真を始め、2011年には熊本県立美術館で初個展を開催。「自虐撮り」と呼ばれる自撮り写真がインターネットで話題となる。近著に『ひとりじゃなかよ』(飛鳥新社)。

4月の審査結果発表

投稿作品は「たいぎゃよか」→「よか」→「いかんばい」の
3ランクで評価します。

西本喜美子先生のコメント

投稿してくださったみなさん、どうもありがとう。

作品は全部で15点、少しさびしかったけど、他人の作品を審査するのって、わりと楽しい。やみつきになりそう(笑)。

さて、今回の投稿のなかには「これ自撮りなの?」って作品がけっこうありました。自分を撮らなきゃ「自撮り」じゃありませんよ。次回からは気をつけてね。

*「たいぎゃよか」と「よか」の入賞者には、
キミちゃん先生の特製クリアファイルをお送りいたします。

◎たいぎゃよか

◎たいぎゃよか

MOCOさんの作品

自分の顔のパーツで福笑いをつくりました。キミちゃん大好き&わたしの目標です♪

アイデアがよか!
自撮りでなさそでしっかり自撮りになっとる。完成したらどんな顔になるんかな?見てみたい。もう少し自分の顔の部分の露出があったほうが「自撮り」な感じが出るね。


◎たいぎゃよか

Mayuさんの作品

ホームセキュリティ…。

こら、怖かぁ…。
でも、おかしい(笑)。果たして、このセキュリティに効き目はあるんかね。顔の箱の近くに「ゴキブリ」とかがいるともっとおもしろかったかもしれんね。

●よか

●よか

もんがらたつこさんの作品

ダイビングの休憩中におやつの時間。ボートの上で食べるスイカは美味しいね~。

シンプルでよかね。
スイカの種がしっかり瞳になっとる。表情にもっと変化があるとよかった。食べているんだから「甘い~」「冷たい~」「まずい~」など表情で表すともっと楽しい写真になるね。


●よか

わかめちゃん1号さんの作品

別に何も加工していませんが、撮影したら面白かったので、投稿してみます。所謂自撮りですね。見えますか?私の姿が?

写り込みのアイデアがおもしろか。
ポーズも決まっとる。カッコよか!カメラから顔を外して撮るともっと顔が見えてよかったかな。


●よか

ネネサラさんの作品

両親、娘二人の家族です。買い物の帰り道、アスファルトに映った影でひらめきました。もうちょっと上手に表情をつくりたかった。

仲良しでよかね。
影であっても自分の影ならもちろん自撮り。影の中に、個々の持ち物を置くともっとおもしろかね。パパはネクタイを首の位置に置くとか、ママはバッグを手のところに置くとか。次回は顔出しも挑戦してね。


●よか

ようようさんの作品

もしもし~♪キミちゃんと電話でお話ししたいです。

バレエできたえた体の柔らかさいかして、足を受話器に見立てました。

アイデアがおもしろか!
これは腰が曲がっとる私には真似できん!左手の指を切らない方がよかったね。最初はなにかわからんかった。


●よか

t-hosoさんの作品

キミちゃんの作品を見て楽しそうだったので、やってみました。息子が自分のクローン軍団と戦う1シーンを作ってみました。楽しかったのでいろいろ作ってみたいと思います。

楽しそうでよかね!
やーって声が聞こえてきそう。これは私もやってみたかね。道端ではなく丘の上とかだったらもっと迫力が出たかもね。

「おもしろ自撮り教室」は2019年3月31日をもって作品の募集を終了いたしました。

自撮り教室TOPへ戻る