10.13

TUE

今日は、活性酸素を除去してくれる
ブロッコリーをつかって

体のサビをとるのに役立つおかずを紹介します。

  • ブロッコリー

    200種以上のフィトケミカルを含んでおり、スルフォラファンが体内に入ると抗酸化酵素がよく働くようになる。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんのブロッコリーと海老の
ゆず味噌あえ

活性酸素を取りのぞくブロッコリーを
ゆず味噌で和えたさわやかなおかず。

1人分…257kcal

塩分(1人分)…3.2g

材料2人分

ブロッコリー
200g
エリンギ
2/3本
にんじん
50g
海老
6尾
薄口醤油
小さじ2

ゆず味噌

西京味噌、みりん
各1/2カップ
砂糖
大さじ2
ゆずの皮のすりおろし
大さじ4

つくり方

  1. 1

    ゆず味噌をつくる。小鍋に西京味噌と砂糖を入れて木べらでよく混ぜ、みりんを3回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。弱火にかけてゆっくりと練る。木べらで鍋底をなぞったときに、線が残るようになったら火からおろし、冷ましてからゆずの皮を加える。

  2. 2

    ブロッコリーは小房に分け、塩(分量外)を加えた熱湯でやわらかめにゆでてざるにあげる。エリンギは長さを3等分し、太めの拍子木切りにする。にんじんは3cm長さの拍子木切りにする。

  3. 3

    海老は背わたを取り、熱湯でゆでて頭と殻を取る。

  4. 4

    ボウルに23を入れ、薄口醤油をふって軽く混ぜる。

  5. 5

    4を器に盛り、1の半量のゆず味噌をかける。
    ※残ったゆず味噌は冷蔵で1カ月保存できる。