10.15

THU

今日は、活性酸素を除去してくれる
にんじんをつかって

体のサビをとるのに役立つおかずを紹介します。

  • にんじん

    βカロテンは体内でビタミンAに変わって活性酸素が生じるのを防ぐ。皮のすぐ下に多く含まれるため、皮を薄くむくのがおすすめ。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんのにんじんといかのかき揚げ

サビ取り効果のあるにんじんを揚げて
β-カロテンの吸収率を高める。

1人分…684kcal

塩分(1人分)…0.9g

材料2人分

にんじん
80g
いか(胴)
50g
ねぎ
50g
揚げ油、天つゆ
各適量

溶き卵
1/2個分
冷水、小麦粉
各1/2カップ

つくり方

  1. 1

    にんじんは3〜4cm長さのせん切りにする。いかは皮をむき、にんじんと同じ長さの棒状に切る。ねぎは5mm幅の小口切りにする。

  2. 2

    をつくる。ボウルに溶き卵と冷水を入れてよく混ぜ、ふるった小麦粉を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

  3. 3

    小さめのボウルを2つ用意し、1を半量ずつ入れて、小麦粉小さじ2(分量外)ずつをふりかけてよく混ぜる。

  4. 4

    32を大さじ3ずつ入れ、全体に絡めてからお玉を使って170度に熱した揚げ油に静かに落とす。ゆっくりと揚げてまわりがカリッとしてきたら一度裏返し、20〜30秒揚げたらもう一度裏返し、10秒ほど揚げたら取り出して油をきる。同様にもうひとつも揚げる。

  5. 5

    熱いうちに天つゆをつけていただく。