10.17

SAT

今日は、活性酸素を除去してくれる
にんじんをつかって

体のサビをとるのに役立つおかずを紹介します。

  • にんじん

    βカロテンは体内でビタミンAに変わって活性酸素が生じるのを防ぐ。皮のすぐ下に多く含まれるため、皮を薄くむくのがおすすめ。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

城戸崎愛さんのにんじん丼

抗酸化作用のあるカロテンがたっぷり。
彩りの鮮やかなにんじんが主役の丼もの。

1人分…495kcal

塩分(1人分)…2.1g

材料2人分

にんじん
100g
鶏ひき肉
100g
温かいごはん
400g
絹さや
4枚

だし汁
1カップ
砂糖
大さじ1
少々

B

大さじ1と1/2
砂糖、醤油
各大さじ1
大さじ1/2

つくり方

  1. 1

    にんじんは4cm長さのマッチ棒状に切り、Aとともに小鍋に入れ、汁気がなくなるまでやわらかく煮る。

  2. 2

    鶏ひき肉はBとともに小鍋に入れ、菜箸5〜6本を使ってよく混ぜ合わせる。弱めの中火にかけ、火加減を見ながら汁気がなくなるまで火を通し、そぼろ状にする。

  3. 3

    絹さやは筋を取り、さっと塩ゆで(分量外)して斜めに細くせん切りにする。

  4. 4

    温かいごはんに2を混ぜてどんぶりに盛り、13を上にのせる。